言語洗脳されたヒロインが何度も淫語を連呼しながらチ○ポを激しく求めていく・・・

公開日:  最終更新日:2018/04/29

エロ動画 方言ヒロイン のご紹介です。

 

<内容>

前任のイエローが怪我により戦線離脱し、二代目イエローとしてやってきたヒロイン「花咲ふみか」彼女が秘密基地へ向かう途中、聞こえる悲鳴!悪の軍団プラティノに襲われている男性を助けに入るふみか。「私が相手をしてあげる!その人を解放しなさい!!」凛と言い放つふみか!しかし、プラティノの怪人達はふみかの方を見るものの途端に背を向ける。助けに入ったはずなのに無視されるふみか…。しかし、それには理由があった。凛と言い放ったつもりでいたふみかの言葉…しかし、九州からやってきた彼女の言葉は怪人達に、さらには助けにきたはずの男性にも理解できなかったのだ!無視され怒るふみか…怪人達は訳もわからずにいたが変身したふみかの姿を見てそれがブシドーレンジャーだと気付き襲ってくる…が、ブシドーイエローは難なく彼らを退け男性を救出することに 成功する。自分の言葉にコンプレックスを持ち始めるふみかは標準語講座の募集チラシを見て自分も標準語を話したいとスクールに赴く。そこにいる一人の男性。スクールの校長と名乗る男に標準語を学んでいくふみか。校長は自分の後に続いて発音してくださいと色々な言葉を話し始める。最初は何気ない言葉であったもののいつしか卑猥な言葉を喋り始める校長。卑猥な言葉に戸惑いを隠せないふみかだったが校長に「嫌なの!」「じゃあ帰れば!!」と強気に押されると是が非でも標準語をモノにしたいふみかは戸惑いながらも卑猥な言葉を発音していく…それがプラティノの罠とも知らずに…。発音を続けるうちに何故か熱くなっていくふみかの体…それが、罠だと気付いた時にはすでに遅し!!プラティノの怪人達に熱くなった体をいいように弄ばれるふみか。その矛先が一番敏感な部分に差し掛かると…。何とか窮地を脱したふみかは今日も秘密基地で標準語の発音練習。そこに現れるアラガドと名乗る一人の男。彼は文字を操り相手を翻弄する力を持っていた。アラガドの書く卑猥な文字によって玩具にされていくブシドーイエローはその体を穢されていく。そして、悪の基地に連れ去られるとその責めは徐々に激しさを増していく…。

 

アラガドに「バキュームフェラ」と描かれたブシドーイエローは

操られたように身体が動いて差し出されたチ○ポを咥えていき・・・

甘い声であえぎながらヂュパヂュパと奥までしゃぶっていきます。

何度もしゃぶり続けてトロ顔になっていくブシドーイエロー。

チ○ポを連呼しながらさらに激しくフェラをしていき・・・

アラガドにチ○ポを引き抜かれると狂ったように求めておねだりしていきます。

今度は「セルフ腰振りセックス」と描かれたブシドーイエローは

股を大きく開きながらゆっくりと腰を下ろしてチ○ポをオマ○コに挿入していくと

何度も淫語を連呼しながら淫らに腰を振ってピストンしていき・・・

言語洗脳されたブシドーイエローがチ○ポ狂いに堕ちていく姿は見ものです!!

 

 

アラガドのチ○ポをヂュパヂュパとしゃぶっていくブシドーイエロー

 

何度も淫語を放ちながら騎乗位でピストンしていきます

 

ダウンロードはコチラ

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=h_173tbxx00007/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑