人格矯正洗脳された無垢な聖姫が淫薬でトリップしながら手コキ奉仕していく・・・

公開日: 

エロマンガ 報酬の姫君2 princess super slut2 のご紹介です。

 

<内容>

現代から突如として異世界へと迷い込んでしまった主人公…
主人公の知識がもたらした新兵器によりコーシカ公国は
圧倒的な軍事力を手に入れていた
戦に勝利し、その戦利品としてガート王国の王女・ジゼル姫を奪い取る!!
貴族のプライドをぶち壊し、けだもののように犯し尽くす。
逆らえば罵倒し、従順になれば誉める。洗脳調教。
連日連夜の交尾三昧で次第に変わりゆくジゼル姫の心。
恋人、支配者と肉穴、オスとメス…2人は固く結ばれていく。

次なる標的を『マオ都市同盟』に定め進軍を開始する
帝国の鬼神の如き強さの前に都市同盟は崩壊寸前…
そこに…ひとりの少女が立ち上がった
名前はユィ・マオ。
争いや貧困のない理想の国を願う…優しく心清き姫君。
国を守るため、人質として主人公のモノとなることを選んだマオ。
まだ男どころか性の感情すら知らない彼女を主人公は
自分好み『性のしもべ』に変えようと、調教を開始する。
処女を奪い、セックスでの絶頂を叩き込む。
無垢な心を利用し、言葉巧みに奉仕の技を教え、失禁アクメで狂わせる。
淫香を用いて脳内を快楽漬け。偏愛感情を利用した痴女責め。
ジゼルを呼び寄せ、嫉妬感をあおり、チ○ポを奪わせる。
ここにまた性、主人公の絶対服従で愛を尽くし、
そのためにすべてを利用する黒き姫が誕生していく・・・!

 

「ホラ♥深く吸ってぇーーー吸って♥脳にためてぇ♥ゆっくり吐くぅ、最ッ高だろォ?」

吸引器をマオの鼻に突っ込ませ、淫香を嗅がせていく主人公。・

「すぅーーーーー~♥あーーはっはっ、すぅうーーーー♥はぁあぁあ♥あーーー」

マオは言われるがまま何度も深く吸い込み続けていくと

トリップ顔になりながら二チュニチュと手コキしていき・・・

吸うタイミングとシゴくタイミングを一定のリズムのように刻んでいきます。

「ふぅーーー~♥はぁ~~~♥キス♥キスしよーーー♥わらわとキス、キス♥」

スカスカの脳みそとなり、虚ろな瞳でキスをせがむマオ。

煙臭い唾液を絡ませあいながら唇や舌を貪り合っていくと

「はぁ、はぁ、はぁ♥わらわの手で精子出して♥出して、出して♥」

救国の聖女の面影もなく、まるで娼婦のように妖しい笑みを浮かべていき・・・

何度も射精をおねだりしながら淫魔のように手指でシゴき続けていきます。

「ほら♥出た♥気持ちイイ?いいでしょ?わらわの指。

わらわの手であなたも変になって♥わらわと同じように♥」

大量のザーメンを搾り出したマオは壊れた笑みを浮かべながら歓喜の声を上げていき・・・

度重なる洗脳調教で変態淫女に堕ちていくマオの姿は必見です!!

 

 

民衆のために交渉に望むマオ

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教

主人公に足を愛撫され、初めての性快感に溺れていき・・・

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教

強烈な中出しセックスでアヘ顔に溺れていきます

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教

徹底的に主従関係を仕込まれていくマオ

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教 完全支配

淫香に狂い、娼婦の笑みを浮かべながら手コキ搾精していき・・・

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教 完全支配

ジゼルに嫉妬してチ○ポを奪い、フェラしていきます

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教 完全支配

アナルを舌でほじりながら手コキしていくマオ

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教 完全支配

暴虐で淫猥な黒き姫となっていきます

優しき無垢王姫 鬼畜洗脳調教 完全支配 悪女堕ち

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_071754/yurikichi-004

ジゼルの洗脳調教シーンはコチラ

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_065527/yurikichi-004

ジゼルとマオの妖艶奉仕シーンはコチラ

http://senouakuochisaimin.com/eromanga-akuochichijyoka/choukiochijizerumaohimehou/

その後の狂宴逆洗脳シーンはコチラ

http://senouakuochisaimin.com/eromanga-akuochichijyoka/oriviahirudayouenshouhugyuaku/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑