強靭な精神を持つ諜報員を鈴催眠暗示の快楽で裏切り堕落させる悪女尋問官・・・

公開日:  最終更新日:2019/06/29

エロマンガ 催眠悪女 -尋問官に堕とされた諜報員の話- のご紹介です。

 

<内容>

諜報員の男は、潜入先の敵対組織で捕まってしまう。
自らの組織に忠誠を誓ったことを自負し、
経験と自身で確実な情報収集した。
仲間たちに貢献できること、敵に復讐できることを
胸に秘めながら後は拷問意耐え切るだけ・・・のはずだった。

男から情報を聞き出す為、部屋に1人の女性がやって来る。

((チリン))

「貴方は、この鈴の音を聞くと私の言った通りの状態になります。」

始まったのは、鈴による催眠の施術。
鈴の音を聞いたら従ってしまう、気持ちよくなってしまう、感度が倍増する。
様々な暗示を施し、諜報員のキンタマに鈴をつけさせる。
尋問官の誘導で無意識に動いてしまい、鈴の音に反応してしまう身体。
少しずつ堕落の抵抗をなくさせ、快楽に身を委ねさせる。
妥協を繰り返した男は抗う術すら持たずに、徐々に尋問官の虜になっていく・・・!

 

「貴方は、鈴の音が聞こえる度に『素直に』なる。・・・もう随分長いこと監禁されて・・・

溜まっちゃってるんじゃないですか?素直にお願いできたら、お手伝い、してあげますけど・・・?」

諜報員のチ○ポに鈴をつけ、催眠暗示をかけていく尋問官。

心を揺さぶるように甘く優しい言葉を投げかけ、欲望を刺激していくと

「必要ない。」

諜報員は鈴の音で感じてしまう快楽、そして募る性欲を抑えながらきっぱりと拒絶していき・・・

「フフ、じゃあ、鈴を鳴らさないように・・・頑張りましょうね・・・?」

尋問官は耳音で息を吹きかけながら挑発していきます。

歯を食いしばりながら耐えようとするも、鈴を鳴らしてしまう諜報員。

「なっ・・・」

無意識に求めてしまった体、少しずつ崩れるプライド・・・。

必死に抗おうとすればするほど鳴らしていくと

「ふふ、いいんですか・・・?鈴の音は、一度聞く度に感覚が倍になるんです。」

尋問官は悪魔の微笑みを向けながらさらなる暗示を加えていきます。

「はー・・・、はー・・・」

精神を屈さず、必死に耐え続ける諜報員。

「・・・さすが、訓練を受けているだけありますね。」

尋問官は持っていたすずを鳴らし、意図しない快楽刺激を与えていき・・・

徐々に諜報員を妥協、堕落させ、手コキ、夫婦破壊、

クンニ奉仕、崩壊セックスで虜にしていく尋問官の姿は必見です!!

 

 

鈴の音を鳴らしながら催眠暗示をかけ、諜報員に快楽を味あわせていく尋問官

悪女尋問官 鈴催眠暗示 妥協堕落快楽

聞くたびに欲望を刺激させ、頭が真っ白になるくらい性欲暴走させていき・・・

悪女尋問官 鈴催眠暗示 妥協堕落快楽

ついに自らおねだりした諜報員に鈴をつけ、自ら音を鳴らさせながら手コキしていきます

悪女尋問官 鈴催眠暗示 妥協堕落快楽

同じ鈴催眠をかけられた諜報員の妻・リサが背徳セックスに乱れる映像を見せる尋問官

悪女尋問官 鈴催眠暗示 妥協堕落快楽 背徳妻

従順に催眠に従うようになった諜報員にクンニ奉仕させていき・・・

悪女尋問官 鈴催眠暗示 妥協堕落快楽

すべての情報の提供と奴隷になることを引き換えに、堕落セックスさせていきます

悪女尋問官 鈴催眠暗示 妥協堕落快楽

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_068446/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑