催眠使いの美人女将が彼女持ちの主人公を操り、何度も搾精して魅了していく・・・

公開日:  最終更新日:2019/06/17

エロマンガ 催眠逆レイプ島~女しか存在しない島に漂着したカップル~ のご紹介です。

 

<内容>

旅客船が嵐で沈没した。
この事故で主人公と彼女は見知らぬ島に漂着していた。

今どこにいるのか、他の乗客はどうなったのか……
何も分からないまま森を彷徨った。

一日中歩き回り、もうだめかと思ったその時
とある集落に辿り着いた。
「ああ助かった!」
足早に辿りつくと、そこは不気味な集落だった。

俺らは緊張した面持ちで周囲を散策した。
するとこの世の人とは思えない美しい女性・リエが現れたのだ。
一通り事情を説明を受けたリエは妖艶な笑みを浮かべ、快諾。

その夜、彼女のことを想い寝落ちする主人公。
目を覚ましたとき、驚愕の光景が目に映っていた・・・!

 

催眠状態にした主人公を全裸にしたところで意識を取り戻させるリエ。

「わあ~!おち○ちんすっご~い!こんなパンパンに朝勃ちしちゃって。

もしかして溜まってるのかしら?うっふふふふ!」

パンパンに勃起したチ○ポを握り、うれしそうに含み笑いをしていくと

「ん・・・・・?わっ!わああああ!リエさんなにっ!?」

主人公はありえない光景に驚愕し、リエにやめるよう訴えるも

「何言ってるのォ?おち○ちんは嫌がってないみたいよ。

だってほら、我慢汁がこ~んなに。うふふふふふ。」

リエは妖艶な笑みを浮かべながら溢れるエッチな汁を指摘し、

彼女がまだ起きてこないと悪魔のささやきをしていきます。

「ほら出してぇ・・・・・。くっさいザーメンいっぱいいーっぱあい溜まってるんでしょう?」

容赦ない激しい手コキと淫語で感じさせていくリエ。

「うっ・・・・・はうっ・・・・・だめだ・・・!で、射精るうううぅっ!」

主人公はいけないことをしている背徳感と手コキの気持ちよさに

あっという間に大量のザーメンを放出させていくと

「あふ~ん。出た出たぁ!ぴゅるぴゅる止まらないわよ~!

朝一の一発はど~お?すっきり爽快でしょう?」

リエは歓喜の声を上げながら甘い堕落の言葉を浴びせていき・・・

手、口、爆乳、オマ○コで何度も搾精し、身体を操り、性の虜にしていくリエの姿は必見です!!

 

 

主人公を操り、全裸で動けなくした状態で手コキしていくリエ

催眠使い美人女将 逆操り人形 逆レイプ 

容赦ない淫語責めとパイズリフェラで大量のザーメンを搾り取っていき・・・

催眠使い美人女将 逆操り人形 逆レイプ

肉奴隷に調教することと、他の餓えた女子たちがいることを伝えていきます

催眠使い美人女将 逆操り人形 逆レイプ

お風呂場で座位セックスし、膣圧で中出しさせていくリエ

催眠使い美人女将 逆操り人形 逆レイプ

彼女の前でオマ○コを突かせ、何度も搾精していきます

催眠使い美人女将 逆操り人形 逆レイプ

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_052541/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑