吸血姫の力でスレイヴスーツを着せられ、奴隷奉仕しながら弄ばれていく王女・・・

公開日: 

エロマンガ 吸血姫カルミラ 第1話のご紹介です。

 

<内容>

永きに渡る魔族との戦いに勝利した人類。
その勝利の立役者である聖教王の娘ラーラは
不安を抱きながらも平和が続くことを願っていた。
だがある夜、ラーラのもとに招かれざる客が訪れる。
吸血姫カルミラと名乗ったその少女は、
自らを魔族の新たな王女と称し、
光の力で抵抗するラーラをいともたやすく拘束。
胸と性器が露わなスレイヴスーツ姿に変えていく・・・!

 

「ククク・・・。さあ姫、闇の世界へ招待してやろう。それが聖教国崩落への・・・序曲となる!」

拘束したラーラに近づき、首筋に牙を立てていくカルミラ。

「あ・・・あっ、ああああああっ!!!」

ラーラは大きな叫びと共に体をブルブル震わせながら淫紋を浮かび上がらせていくと

乳首とオマ○コの部分だけ露出したラバースーツのようなコスチュームに変化していき・・・

あまりの恥ずかしさに体を隠しながらうずくまっていきます。

「我が下僕の戦闘員達が着る眷属着(スレイヴスーツ)だ。

身体のあちこちが淫らに疼いて仕方ないだろう・・・。さあ、奉仕をしろ、姫よ」

下僕化させたラーラに眼光を光らせて、身体を操っていくカルミラ。

「何・・・!?身体が・・・勝手に・・・!?」

ラーラは両手を後ろに組み、大きく股を広げながらかがんでいくと

恥ずかしさと興奮で乳首をビンビンにさせながらクンニしていき・・・

カルミラに乳首やオマ○コを弄ばれながら奉仕させられ、

下僕堕ちていくラーラの姿は必見です!!

 

 

カルミラに吸血され、淫紋を浮かび上がらせて変身していくラーラ

王女 奴隷堕ち 吸血姫 奉仕

服装がスレイヴスーツ化して困惑していき・・・

王女 奴隷堕ち 吸血姫 奉仕

スーツに舐め回されながらカルミラに奉仕していきます

王女 奴隷堕ち 吸血姫 奉仕

 

ダウンロードはコチラ

https://book.dmm.co.jp/detail/b073bktcm01179/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑