悪代官の催眠眼力に操られた狐娘剣士が甘く媚びながら奉仕搾精していく・・・

公開日: 

エロマンガ Hな妖術にご用心! のご紹介です。

 

<内容>

捕らわれた娘たちを救うため、独り敵城に乗り込んだ侍風の狐娘。
だが、敵の悪代官の妖しげな術で身体の自由を奪われてしまう。
命令に逆らえなくなった彼女は、
今まで経験したこともないフェラやパイズリを強いられる。
屈辱の奉仕で男の味を脳髄に植え付けられていく敗北狐娘。
口だけ自由にされ、必死に罵倒しながら嫌がるも
憎敵の持つ巨根を自ら膣内に迎え入れてしまう・・・!

 

「かかっ威勢のいい娘だ。いかにもワシがここの城主じゃ。

ここまで来るのだから相当な兵なのだろう。じゃがすでにワシの術中に落ちておるぞ!」

不敵な笑みを浮かべ、目をカッと開いていく悪代官。

「はっ?何を馬鹿な事・・・言って・・・?!(・・・何だこれは・・・?)」

狐娘はバカにした顔つきから悪寒を感じて顔を歪めていくと

「ワシと目を合わせた時点でお主はワシの思うがままじゃ。どれ実践してやろう。胸をさらけ出せ」

悪代官はフラフラする狐娘にニヤリとしながら命令していき・・・

「(誰がそんな事するか!)わかりました・・・お館様・・・(なっ!?どういう事だ?)」

狐娘の心とは裏腹に、口と身体が勝手に動き、爆乳をさらけ出していきます。

「ワシも興奮してきたわいっ。お主の口でワシの肉棒を気持ちよくさせよ」

ビキビキに勃起したチ○ポを差し出していく悪代官。

「は、はい・・・♥お館様の肉棒にご奉仕させて頂きます」

甘い口調で答えた狐娘は亀頭をネットリと舐め上げ、奥まで咥えていくも

満足しない悪代官にさらに奥まで押し込まれていき・・・

心の中では苦しみ、怒りながら、現実ではシッポを振り、媚びた顔で見上げ、フェラしていきます。

眼力催眠で操られ、愛玩奴隷のように奉仕搾精していく狐娘の姿は必見です!!

 

 

悪代官の眼力催眠で操られ、虚ろ目で服を脱いでいく狐娘

狐娘剣士 催眠操り人形堕ち

心とは裏腹にシッポを振って媚びながらフェラ奉仕していき・・・

狐娘剣士 催眠操り人形堕ち

パイズリで大量のザーメンを搾り出していきます

狐娘剣士 催眠操り人形堕ち

口が自由になり、嫌がりながらも座位ピストンに感じてしまう狐娘

狐娘剣士 催眠操り人形堕ち

悪代官に完全に洗脳されていきます

狐娘剣士 催眠操り人形堕ち

 

ダウンロードはコチラ

https://book.dmm.co.jp/detail/b073bktcm01587/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑