可愛いノンケ文学少女を図書館で背徳快楽調教を味あわせていく女流作家レズビアン・・・

公開日:  最終更新日:2019/08/06

エロ動画 文系女子レズビアン 文学少女を食べちゃいたい文系女流作家。 黒川すみれ 加藤ももか のご紹介です。

 

<内容>

最新作の執筆が思うように進まない黒川すみれは資料探しも兼ね図書館で執筆作業をしていた。
そこに偶然いあわせた図書館司書の加藤ももかはすみれの大ファン。
それを知ったすみれはレズビアンの血が騒ぎ半ば強引のももかの身体を美味しくいただいてしまう。
ノンケのももかは戸惑い、嫌がりながらも、すみれのネットリした指や舌使いで何度もイッてしまう。
翌日、図書館へとやって来たすみれはさらなる背徳甘美の調教を仕掛けていく・・・!

 

本を整理をするももかと目が合い、妖艶な笑みを浮かべるすみれ。

「おはよう・・・」 「おはようございます・・・」

周りに聞こえないよう、小声で挨拶をしていくと

ももかは昨夜の襲われた出来事もあって、恥ずかしがった雰囲気で返していきます。

ももかの可愛さに興奮しながら腰に手を回していくすみれ。

ゆっくり顔を近づけ、キスをしようとするも

入ってきた別の利用者に驚き、かがんでいき・・・

「いや・・・・・バレちゃいます・・・。」 「大丈夫・・・・・♥」

戸惑うももかを優しくなだめながらキスや愛撫を繰り返していきます。

「あっ・・・・♥はぁっ、はぁっ・・・・・。だめ、だめだめっ・・・・・」

見られてしまうかもしれないドキドキ感。

すみれにスカートをめくり上げられ、

ショーツ越しのオマ○コをいじられ声を漏らしてまうももか。

「だめ・・・?ホントに?♥」

すみれはショーツの中に手を入れ、濡れ具合にいやらしく笑みを浮かべていくと

グチュグチュと手マンして感じさせていき・・・

ローターを仕込んで業務に戻らせ、悶えるももかを楽しんでいくすみれの姿は見ものです!!

 

 

ももかの両手を拘束し、きれいな身体を堪能するすみれ

文系女流作家 文学少女 レズ調教

貝合わせで淫らに腰を振ってイカせていき・・・

文系女流作家 文学少女 レズ調教

図書館の死角でローターをレズ痴漢し、ローターを仕込んでいきます

文系女流作家 文学少女 レズ調教

一度ははっきり拒絶するも、すみれとのレズを忘れられず、オナニーしていくももか

文系女流作家 文学少女 レズ調教

心も身体も繋がった二人は欲望のまま激しく求め合っていきます

文系女流作家 文学少女 レズ調教

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=bban00236/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑