発情おっぱい薬で射乳快楽に溺れた巨乳少女が、夢中でパイズリフェラ奉仕していく・・・

公開日:  最終更新日:2020/10/22

エロマンガ やわらかな鳥篭 のご紹介です。

 

<内容>

学校の帰り道、変態通商大臣に連れ去られ、
強制発情する魔法の薬を投与されてしまう少女。
おっぱいからジンジンくる痺れる気持ちよさに耐え切れず、
ベッドに巨乳をこすりつけてオナニーしていると
大臣たちが現れ、すっかりできあがっている彼女に下卑た笑みを浮かべる。

気持ち悪い男に敏感おっぱいをがっつかれて嫌がるも
薬の効果で気持ちよさが止まらず、どんどん理性を失っていく。
母乳アクメに堕ちた少女はただ快楽を求めて大臣に奉仕し、セックスを貪っていく・・・!

 

「あ・・・はーーー・・・はーーー・・・」

母乳アクメし、トロンとした表情で絶頂余韻に浸る少女。

「まったく君はいやらしい娘だな。さっそくたっぷりと仕込んでやろうか」

大臣は少女に首輪をつけ、差し出した勃起チ○ポの前まで引っ張っていくと

「(なん・・・で・・・。こんな気持ち悪いの・・・なのに・・・。

おっぱいが・・・また・・・熱くなる・・・ダメ・・・見とれちゃダメ・・・

ダメ・・・ダメぇ・・・!ダメなのぉ・・・!)」

嫌悪感と共に湧き上がる肉欲。少女は必死に理性で耐えようとするも

おっぱいがチ○ポを求めてしまい、谷間へと肉棒を導いてしまい・・・

「んふっ・・・はぁ・・・あむ・・・」

ムニュムニュとシゴきながら、堪能するように亀頭を舐めていきます。

「(すごい・・・。おっぱいでおち○ちんこねるの・・・。

すごく・・・気持ちいい・・・)」

夢中で激しくパイズリフェラをし、幸福感に溺れていく少女。

大量のザーメンを顔に浴び、歓喜の声を上げていくと

「いい声だ!完全にふっきれたな!」

大臣は少女の豹変ぶりに満足しながら、後ろからハメ突いていき・・・

おっぱい快感中毒に堕ちた少女が嬌声を響かせながら

射乳を繰り返していく姿は見ものです!!

 

 

魔法の薬の効果でおっぱいの痺れる気持ちよさに耐え切れず、こすりつけオナニーしていく巨乳少女

発情おっぱい薬 巨乳少女

大臣におっぱいを揉み解され、乳首に吸いつかれ、強烈な快感にあえいでいき・・・

発情おっぱい薬 巨乳少女

欲望に屈し、パイズリフェラ奉仕を貪っていきます

発情おっぱい薬 巨乳少女

完堕ちし、あらゆる体位で嬌声を響かせる巨乳少女

発情おっぱい薬 巨乳少女

 

ダウンロードはコチラ
(他7作品含まれています)

シークレットガーデン

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑