催淫タイツで発情した世話焼き巨乳幼馴染が、痴女責めで搾精していく・・・

公開日:  最終更新日:2019/12/03

エロマンガ エッチなタイツのオ・カ・ゲ のご紹介です。

 

<内容>

両親が海外赴任中でひとり暮らしを満喫中の青年、東雲 優。
彼はいつも世話を焼いてくれる美人で
巨乳な幼馴染みの夏乃百合花に想いを寄せていた。
ある日、「履いた者がエッチになるというタイツ」を手に入れた彼は、
半信半疑ながらも百合花へタイツをプレゼントした直後、
彼女は目の前でタイツをはき替えてしまう・・・!

 

手渡されたタイツをはき終え、身体をよろめかせる百合花。

「百合花!」

優は心配しながら寄り添うも

「ゆうちゃ・・・このタイツ履いてから身体が火照って仕方ないの・・・。

お腹の奥熱くて・・・。ゆうちゃん、耐えられない・・・!」

百合花はスカートをめくり上げ、

ショーツを見せながら体の火照りを訴えていき・・・

優の顔を股間に押しつけていきます。

「(あの百合花がこんなこと・・・。このタイツ、やっぱり本物なんだ!)」

真面目で世話焼きでエロとは無縁だった百合花の痴女行為・・・。

優は内心、興奮と歓喜していると

「ゆうちゃんのおち○ちん。おっきくなってるよ」

勃起に気づいた百合花はチ○ポを出させていき・・・

「ゆうちゃん、私のオマ○コの匂いを嗅いで、

こんなになってくれたの?嬉しいなぁ。気持ちよくなろうね♥」

ウットリした表情でタイツ足で踏みつけ、

両足で足コキしてザーメンを搾り出していきます。

「ゆうちゃん・・・。おま○こあついよぉ・・・。ゆうちゃんのちょうだい・・・」

ザーメンを舐め、さらに発情して、タイツマ○コを見せながら

おねだりしていく百合花の姿は見ものです!!

 

 

何も知らずにタイツを履き替えていく百合花

催淫タイツ 巨乳幼馴染 発情痴女責め

身体の火照りを訴えていくと

催淫タイツ 巨乳幼馴染 発情痴女責め

優の顔を股間に押しつけ、こすりつけていき・・・

催淫タイツ 巨乳幼馴染 発情痴女責め

勃起したチ○ポをうれしそうに踏みつけていきます

催淫タイツ 巨乳幼馴染 発情痴女責め

 

ダウンロードはコチラ

エッチなタイツのオ・カ・ゲ(単話)

お得版はコチラ
(他モノクロマンガが20、カラーマンガが3つが含まれています)

コミックアンリアル Vol.82

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑