催淫強制発情させられた魔法〇女が、女幹部のふたなりチ〇ポと触手の両穴責めで壊れていく・・・

公開日: 

エロマンガ 〜魔法拳士 触辱の刻印〜 のご紹介です。

 

<内容>

魔王軍の新鋭女幹部と対峙する近接型の魔法少女戦士。
だが戦闘中に催淫魔法の罠に嵌まり、
少女戦士は召喚された巨大な化物の口内に捕らわれてしまうことに。
四肢を拘束され身動きのとれない敗北戦士は、
催淫粘液たっぷりな触手の群れに身体を弄られ、
敵の前で無様に絶頂させられてしまう。
さらには女幹部のフタナリ極太ペニスをねじ込まれ、
大量射精によって魔王軍の苗床へと堕とされていき……。

 

「(!?あれ?力が抜け・・・!)」

急な脱力と共にその場に倒れ込んでしまう魔法少女。

「やっと効いてきたか。殺せないのは面倒だが」

女幹部はクールな口調で催淫魔術を周りに張っていたことを明かしていくと

指をパチンと鳴らし、地面から無数の触手を召喚していき・・・

「くっ!!しまった!!身体が上手く動かなっ」

魔法少女はなすすべなく絡められ、拘束されていきます。

「魔力に満ち溢れる、お前達を苗床として利用する。

お前が一人目だ。良い結果を見せてくれよ」

ニヤリとしながら苗床利用宣言していく女幹部。

触手を操り、魔法少女のおっぱいや乳首を弄んでいくと

「んんっ!放せっ!やめろっ!調子に乗ってっ!!吹き飛ばしてやるわっ!!」

魔法少女は必死にもがき、魔法を詠唱していくも・・・

触手に股間をまさぐられ、身体をビクっとさせて中断してしまいます。

「ひいんッ!乳首ぃやめっ!!」

催淫液を皮膚に吸収させられ、敏感になった乳首を触手でいじられていく魔法少女。

甘い声を出して感じながらも、なんとか魔法を唱えようとしていくと

「おっと魔法は使わせんぞ」

女幹部は頭上の触手を操り、魔法少女の口へと強引に突っ込ませていき・・・

催淫液を直接注入し、排卵絶頂させていきます。

「仕上げは私のモノで犯してやろう」

「イギィイアッ♥♥だめっ♥もう我慢できないぃ♥」

ふたなりチ〇ポを生やした女幹部と触手に、両穴とおっぱいを同時に犯され、

アへ顔で壊れていく魔法少女の姿は見ものです!!

 

 

 

女幹部の催淫魔法の影響で脱力していく魔法少女

魔法少女 女幹部 催淫触手 苗床堕ち

魔法を唱えようとするも、触手に口を塞がれ、催淫液を注入されていき・・・

魔法少女 女幹部 催淫触手 苗床堕ち

ふたなり化した女幹部の肉棒を見せつけられていきます

魔法少女 女幹部 催淫触手 苗床堕ち

両穴とおっぱいを同時に犯され、完全に壊れていく魔法少女

魔法少女 女幹部 催淫触手 苗床堕ち

 

ダウンロードはコチラ

〜魔法拳士 触辱の刻印〜(単話)

お得版はコチラ
(他5作品が含まれています)

くっ殺ヒロインズ Vol.11

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑