ショタ主人公を絶望に堕とし、破滅と劣情快楽をあおりながら無数の分身で廃人搾精していく妖女・・・

公開日: 

エロマンガ わらべ喰い ~森の奥で美女妖怪に誘惑されて~ のご紹介です。

 

<内容>

…――――その森の奥には、迷い込んだ男の童(わらべ)をとって喰う妖(あやかし)が潜むという――――…

時は江戸時代。
村に住む少年・土間造は、想いを寄せる幼馴染みの少女・お絹に
贈るための珍しい花を摘みに単身、森の奥へ足を踏み入れた。

無事に花を手に入れるも、帰りに崖から落ちてしまい、帰り道を見失ってしまう。
川沿いの道を進んでいると、泉で体を洗う一人の妖艶な美女と出会う。
大人の魅力漂う美女に誘惑され、土間造はたまらず初めての快楽に触れてしまった。

…しかし、その美女の正体こそが、童の精をとって喰らう妖怪「わらべ喰い」だった…

暗い洞窟の奥に連れ込まれた土間造は、「肉体変化」能力を持つわらべ喰いによって、
この世ならざる快楽地獄の底へと引きずり込まれてしまう。
分身能力で多人数のわらべ喰いのがエナメル、サテン、ラバー、様々な質感で
手コキ、フェラ、パイズリ、愛撫し、人外の快楽で何度も土間造からザーメンを搾り取る。

常人では廃人になってもおかしくない快楽地獄に、土間造も溺れながらも
お絹への愛情でなんとか理性を保ち、村へ帰ると決意を述べる。

わらべ喰いは、あえて突き放すように自由に帰るように促すも
ここで帰ったら二度と『あの快楽』を味わえないことを告げる。
心が揺れる土間造にさらに最後の一回だけしてから帰ったらいいと甘くささやく。
甘い誘惑に屈した土間造はわらべ喰いの提案を受け入れてしまう・・・!

 

「ほな挿(い)れますえ・・・」

布団の上に寝かせた土間造に覆い被さり、愛撫と手コキしながらオマ〇コへと導いていくわらべ喰い。

「(なんだこれっ・・・!!!中で無数の小さな手がっ・・・

おらのちん〇んに絡みついて這いまわってくるっ・・・!!!)」

土間造は膣内で無数の小さな手に弄ばれる衝撃的な気持ちよさに戸惑っていると

「フフフ・・・♥ウチの膣内は変幻自在の肉壺・・・。

咥えこんだ男根に合わせて形を変え・・・その者の最も弱い部分を的確に責め上げる・・・!!!」

わらべ喰いは騎乗位で腰をクネらせ、妖艶な笑みを浮かべていき・・・

「あぁ・・・おねえさん・・・おねえさんっ♥はぁっ♥あぁ、おねえさんっ♥」

今までとは比べ物にならないチ〇ポが溶かされる快楽に、

土間造はアへりながらわらべ喰いのおっぱいに顔を埋めていきます。

「土間造・・・?なにを・・・してるの・・・?」

近くから聞き覚えのある声。いるはずのないお絹の声に表情が固まる土間造。

「お・・・お絹・・・!!?なんで・・・ここに・・・!?」

土間造は侮蔑の表情で見つめてくるお絹に声を裏返しながら驚いていると

「何日も帰らないから心配してこんな山奥まで探しに来たのに・・・

その綺麗なおねえさんと裸で乳繰りあってたってわけ・・・?」

偽お絹は土間造の背徳感をあおるように、もっともらしい理由を述べ、罵倒責めしていき・・・

わらべ喰いから早くから逃げなかった心の弱さを指摘し、どんどん心を追い詰めていきます。

「あ・・・あぁ・・・!そんな・・・お絹っ・・・」

大好きだった人に見られながら、罵られながら、わらべ喰いに犯され、あえぎ狂ってしまう土間造。

「あぁ可哀想に。坊や可哀想・・・。もう坊やに帰る場所はない・・・。

でも悲しむことはあれへんのよ。おねえさんが毎日こうやって、坊やを一生可愛がってやるさかい・・・」

無数のわらべ喰いは絶望する土間造に甘い言葉を何度も投げかけ、

おっぱい、オマ〇コ、手、口で全身を愛撫していき・・・

故郷も、想い人も、理性も、すべて捨て去る劣情快楽をあおりながら、

大量のザーメンを搾り出し、土間造を廃人化させていくわらべ喰いの姿は必見です!!

 

 

土間造に気づくわらべ喰い

甘い言葉で誘惑し、バキュームフェラ大量のザーメンを搾り出していくと

ショタ逆レイプ 妖艶美女妖怪 誘惑 フェラ搾精

本性をあらわにし、無数の分身を作り出してラバータイツ責めしていき・・・

ショタ逆レイプ 妖艶美女妖怪 誘惑 無数分身 ラバー愛撫

パイズリで大量のザーメンを搾り出していきます

ショタ逆レイプ 妖艶美女妖怪 誘惑 無数分身 パイズリ搾り

土間造の心をかき乱していく偽お絹

ショタ逆レイプ 妖艶美女妖怪 誘惑 無数分身 偽想い人 罵倒

絶望に堕ちる土間造に劣情快楽をあおりながら全身を激しく犯していきます

ショタ逆レイプ 妖艶美女妖怪 誘惑 無数分身 破滅廃人洗脳

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_169856/yurikichi-004

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑