精液工場で夢から目覚めた主人公を何度も直搾りで繰り返していくサキュバス職員・・・

公開日:  最終更新日:2019/11/14

エロマンガ 仮想搾取現実 のご紹介です。

 

<内容>

サラリーマンとして日々忙しく過ごす主人公。
明日の朝にある会議のため、帰宅後だらだらせずに眠るも・・・
目を覚ますと見知らぬ場所でパンツ一枚姿になり、仰向けに拘束されていた。

工場のような制服で会話する美女たち。
麻酔が切れた、直接搾るしかない、
今まで幻覚を見せていた・・・。

次々とワケのわからぬ事を言われ、混乱する主人公。
そんな彼に一人のサキュバス職員が作業し始めていく・・・!

 

「そのまま寝てなよ。その方が搾りやすいし」

ズボンを脱ぎ、ショーツ姿になってお尻を顔の上に乗せていくサキュバス職員。

「おーげんきげんき収穫前だからねぇ、玉も重たいじゃーん♥」

久しぶりの『直搾り』に興奮しながら勃起チ○ポを握っていくと

うれしそうに口の中へとくわえ込んでいき・・・

堪能するように吸い上げながらキンタマを揉み、亀頭舐めとおしゃぶりでイカせていきます。

「(吸われるっ!吸い取られる・・・・・っ)」

息をはーっはーっ切らしながら脱力と快楽に浸っていく主人公。

「お詫びにおっぱいでもしてあげるね♥」

ここは精液工場だと告げ、呆然とする主人公にあざ笑いながら

イッたばかりのチ○ポを爆乳で挟んでいくサキュバス職員。

ズリュズリュといやらしい音を立てながらパイズリされていくと

「(うぅ・・・・・すごい・・・・・っ。

おっぱいがこんな柔らかく絡みついてくるなんて・・・・・っ)」

主人公は弄ばれているにも関わらず、あまりの気持ちよさに身を委ねていき・・・

そのまま再び大量のザーメンをぶちまけていきます。

触手で媚薬を飲ませて何度も強制勃起させ、

何度も精液を搾り取っていくサキュバス職員の姿は見ものです!!

 

 

目を覚ました主人公に顔面騎乗していくサキュバス職員

巨乳サキュバス 搾精工場職員 ザーメン搾り

久しぶりの勃起チ○ポを堪能するようにしゃぶっていき・・・

巨乳サキュバス 搾精工場職員 ザーメン搾り

爆乳パイズリで大量のザーメンを搾り出していきます

巨乳サキュバス 搾精工場職員 ザーメン搾り

騎乗位で激しくピストンし、中出しさせていくサキュバス職員

巨乳サキュバス 搾精工場職員 ザーメン搾り

 

ダウンロードはコチラ
(他9作品含まれています)

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_160636/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑