催眠魅了魔法で強制発情と愛情支配されながら身も心も寝取られていく魔法少女・・・

公開日:  最終更新日:2020/10/27

エロマンガ 魔法少女みらくる☆かりん のご紹介です。

 

<内容>

幼馴染の裕太のことが大好きな魔法少女・夢美 花梨。
今日も仲良く下校する二人だったが、
突然触手の化け物に襲われ裕太は意識を失うことに。
花梨は魔法少女になって敵を倒すも、
片目を髪の毛で隠した男のような魔物のボスと対峙し、
彼を好きになる催眠をかけられてしまう。
それでも裕太を想い必死に耐えるが、
ファーストキスを奪われたが最後、子宮が疼き始め強制発情!
淫乱になった魔法少女は卑猥なおねだりをしながら堕ちてゆく・・・!

 

「興味深い・・・・・。その力は一体どこから湧いているんだ?」

一気に無数の触手を倒したかりんに、質問していく魔物のボス。

「それは・・・・・愛の力よ!」

花梨は気絶している祐太をチラっと見ながら、語気を強めて答えていくと

「愛の力?クク・・・・・なるほど。それならこういうのはどうかな?」

魔物のボスは腕を伸ばして、人差し指を刺し、花梨に催眠をかけていき・・・

「(え・・・・・?)」

花梨は頭の中がグルグルと回るも、すぐに意識を取り戻していきます。

「催眠なんかにかかるわけないんだから!」

不敵な笑みを浮かべる魔物のボスに殴りかかるも、掴まれてしまう花梨。

「(あれ?なんで、力が入らない・・・)」

力を出すことができず、ブルブルと手を震わせていると

「ククク・・・・・・」

魔物のボスは含み笑いをしながら花梨に強引にキスをしていき・・・

舌をネットリと絡ませて、感じさせていきます。

「(私のファーストキス・・・・・。な、なんで・・・・・)」

ハート目になり、キュンキュンする身体の火照りに困惑する花梨。

そのまま座り込んでしまい、耐えようとする意識とは裏腹に

魔物のボスの股間から勃起チ○ポを取り出していき・・・

「すごい・・・・・おっきい♥(いや・・・・・!こんなことしたくないのに)」

トロンとした表情で咥え込み、ヂュポヂュポとしゃぶり、裏筋を舐め上げていきます。

「お願い・・・・私、触手じゃなくて、あなたのおち○ぽに・・・・・突かれたい、です♥」

触手に身体を撫で回される快楽で見も心も堕ちた花梨が

自ら濡れたオマ○コを広げておねだりしていく姿は見ものです!!

 

 

魔物のボスに催眠魔法をかけられていく花梨

催眠魔法 愛情支配 魔法少女

ディープキスで恋愛感情を芽生えていき・・・

催眠魔法 愛情支配 魔法少女

理性を保とうとする心とは裏腹に、勃起チ○ポをおいしそうにフェラしていきます

催眠魔法 愛情支配 魔法少女

触手愛撫に完堕ちし、濡れたオマ○コを広げて挿入をおねだりしていく花梨

催眠魔法 愛情支配 魔法少女

 

ダウンロードはコチラ

魔法少女みらくる☆かりん(単話)

お得版はコチラ
(他3作品が含まれています)

二次元コミックマガジン 催●強●和姦 弄られヒロイン牝恋アクメ! Vol.1

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑