大好きな女子の身体へ憑依した男子が、先に憑依同化した美少女に背徳興奮あおられながらレズられていく・・・

公開日: 

エロマンガ 他人になるクスリ6 のご紹介です。

 

<内容>

好意を抱いていた同級生・高比良 楓には他に好きな人がいた。
失恋で傷心中の大島健太の前に現れた三浦瑞希(中身は相沢)は、あるクスリを大島に手渡す。

大島の問に三浦は一言「他人を自分だけのモノにできるクスリ…かな」

そのクスリは、自分自身が身体のみならず精神まで高比良 楓になってしまうものだった。
三浦に対し元に戻りたいと相談する高比良(大島)だったが…

 

「・・・大島君。本当に元に戻りたいって思ってる?だって・・・高比良さんになってするオナニー。

心が溶けちゃうほど気持ちよかったでしょ?」

不気味な薄笑いを浮かべながらメスの快感を思い出させようと指摘していく瑞希(中身は相沢)。

楓(中身は健太)は気まずそうな表情で図星の反応をしていくと

「(高比良 楓になってしたオナニー・・・。思い出すだけで下腹部が熱くなって濡れているのがわかってしまう・・・)」

初めて憑依同化したあの日、見慣れた服、下着なのにドキドキして鏡に映る自分に興奮。

そのままベッドに映って自分の新たな名前を呼びながらオナニーして絶頂。

そのことを思い出しながら顔を赤くし、妄想にふけながら発情していき・・・

「大島君?思い出して興奮しちゃった?」

いつの間にか楓の隣に移動した瑞希がそっと耳元でささやいていきます。

「・・・その・・・わ・・・私は・・・」

言葉に詰まり、しどろもどろになっていく楓。

「自分は大島君だって言ってるけど、じゃあなんでこんな可愛い服着てるの?それに下着だって・・・」

瑞希は楓のスカートをめくり上げ、可愛い服や下着を身に着けている意味を尋ねていくと

「みッ、三浦さんどういうつもりですか!?」

楓は明らかに様子のおかしい瑞希に困惑していき・・・

「じっとしてて・・・んっ」

瑞希は楓を制止しながら顔を近づけてディープキスしていきます。

「(み、三浦さんとキスしちゃってる!?)」

女の子になった身体で美少女とキスをする背徳興奮に包まれていく楓。

「大島君・・・。ショーツの上からでもわかるぐらい濡れちゃってるよ?

女の子の服・・・高比良さんの服着て興奮しちゃってるんでしょ?」

瑞希は楓のショーツ越しのオマ○コをクニュクニュいじりながらあおっていくと

強引に服をはだけさせ、あらわになったおっぱをいやらしく舐めていき・・・

「ほら自分で言ってみて。「私は高比良 楓です」って」

「・・・わ・・・わたしは高比良・・・楓・・・です」

瑞希に催眠暗示のように自分の名前を呼ぶようにそそのかされ、

だんだんと『高比良 楓』の記憶や人格に『大島 健太』が塗りつぶされながらメスイキしていく姿は必見です!!

 

 

楓の身体に憑依していく健太

憑依同化 女子校生 背徳興奮あおりレズ

自分の名前を呼びながら背徳興奮し、オナニーしていき・・・

憑依同化 女子校生 背徳興奮あおりレズ

瑞希に指摘され、あおられながらレズられていきます

憑依同化 女子校生 背徳興奮あおりレズ

催眠暗示のように自分の名前を呼ぶようそそのかされ、自分の名前をつぶやいていく楓

憑依同化 女子校生 背徳興奮あおりレズ

 

ダウンロードはコチラ

他人になるクスリ6

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑