ふたなり化させられたヒロインが、悪堕ちした仲間に奉仕搾精され、背徳の中出しセックスに溺れていく・・・

公開日: 

エロマンガ 超昂神騎エクシール 〜双翼、魔悦調教〜 THE COMIC 6話 のご紹介です。

 

<内容>

魔王の転生体・央堂継彦は敵対関係にある神騎・エクシールと共闘。
継彦の後輩で第二の神騎となったキリエルも加わり、
ついに決戦に挑むも敗北し捕らえられてしまう。
エクシールは堕天使アゼルの魔術でふたなりチンポを生やされ、
悪に染まったキリエルの舌技に追い詰められていく。
亀頭や裏筋を丹念に舐められたかと思えば雌マラを呑み込まれ、
舌と唇で慰められて無様に口内射精させられる。
しかしエクシールの勃起はおさまらず、
キリエルに濡れそぼった膣口を見せつけられて欲望が膨らむ。

「もう我慢しなくていいよ、エクシール……来て」

エクシールの頭の中でぱちん、と何かが弾ける音がした……。

 

「ふ、悪くない余興だ」

シェムシールの助言にニヤリとし、エクシールを玉座まで引っ張っていくアゼル。

彼女を自分の上に座らせ、股間に魔法をかけていくと

「な、なにを・・・・・う、あ・・・・・!?あ、熱い・・・・・。

これは、あああああああっ!」

エクシールの股間からどんどん立派な肉棒が生えていき・・・

恥ずかしさと背徳感で顔を赤らめ、驚愕していきます。

「エクシールの雌マラを慰めなさい。いつもエイダムにしているように

誠心誠意奉仕するのよ?」

キリエルに耳打ち命令していくシェムシール。

「・・・・・はい」

キリエルは一瞬躊躇するも、四つん這いになって返事をしていき・・・

ゆっくりエクシールに近づいていきます。

「だ、ダメです、キリエル。女同士でこんなこと・・・・・」

困惑した表情で首を左右に振り、拒絶していくエクシール。

「・・・・・ごめんね、エクシール。私、強くなかった。

自分で思ってるほど、強くなかったんだ・・・・・」

キリエルは申し訳なさそうに謝り、自身の欲望、快楽への弱さを嘆いていくと

エクシールのふたなりチ〇ポをサテングローブの手で優しく包み込んでいき・・・

「んっ・・・・・。おっきくなったね・・・・・」

ウットリした表情で勃起した肉棒を見つめながら

手の平で亀頭なで回し、シコシコと手コキしていきます。

「だめっ・・・あっ。んんっ、あっ、うぅ・・・・・。あぁ・・・・・っ」

キリエルの亀頭キス、裏筋舐めの気持ち良さに、

目をつむり、ヨダレを垂らして感じていくエクシール。

「さきっぽ気持ちいい?もっとしてあげようか?それとも裏筋のほうがいい・・・・・?」

キリエルはあえぐエクシールの姿に喜び、さらに裏筋や亀頭をフェラしていき・・・

容赦なくヂュポヂュポ激しくしゃぶり、大量のザーメンを搾り出していきます。

「め、雌犬ま〇この・・・・・準備はできています。どうぞお使いください」

「ふ、遠慮するな」

「なんてひどい・・・・・。キリエルにこんな屈辱的なことをさせて。

あっ、ああぁぁぁぁぁぁ・・・・・!(す、すごいぃ♥なんていやらしいの・・・・・♥)」

濡れたオマ〇コを広げて誘惑するキリエル。

葛藤するキリエルにささやき、後押していくアゼル。

口では文句を言いながらも、フラフラ近づき、

挿入させられて欲望のまま中出しピストンしていくエクシールの姿は見ものです!!

(※悪堕ちシーンはありません)

 

 

シェムシールに命令され、チンチンポーズするキリエル

ふたなり化ヒロイン 悪堕ち仲間 ふたなり化搾精 ポーズ

アゼルによってふたなり化させられるエクシール

ふたなり化ヒロイン 悪堕ち仲間 ふたなり化搾精

キリエルにネットリ手コキフェラされ、あまりの気持ちよさに悶えていき・・・

ふたなり化ヒロイン 悪堕ち仲間 ふたなり化搾精

堕落誘惑に屈し、欲望のまま中出しピストンしていきます

ふたなり化ヒロイン 悪堕ち仲間 ふたなり化搾精

 

ダウンロードはコチラ

超昂神騎エクシール 〜双翼、魔悦調教〜 THE COMIC 6話【単話】

お得版はコチラ
(モノクロマンガが他5つ、小説が8つ含まれています)

二次元ドリームマガジン Vol.116

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑