妖艶メイク悪堕ちした先輩に身も心も虜となり、ふたなり連鎖堕ちしていくヒロイン・・・

公開日: 

エロマンガ 調律-Mind Tuning-(戦姫絶唱シンフォギア) のご紹介です。

 

<内容>

装者の適合係数が著しく低下したことを理由に
調(しらべ)に特訓の相手をさせる翼。
数値を上げるために過度な薬物投与の副作用により
訓練後、極度な興奮状態となって調の肉体求める。

調は自分が断ることで内心大好きな切歌(きりか)に及ばないか心配し、
自己犠牲の精神で彼女の性処理に付き合っていた・・・はずだった。

ワキ、耳、乳首、オマ○コ・・・。
翼の獣のように激しく、淫らに・・・舌で、指で、
何度も何度もイカされ続け、無意識のうちに虜になる調。

そんなある日、翼が海外へと配属になることを知らされる。
自分には切歌がいる・・・。
そう自分に言い聞かせながらどことなくぽっかり空いてしまう心。

2日後・・・。身体の発情に襲われるようになった調は
学舎の女子トイレで自己嫌悪に陥りながらオナニーにふけっていた。

最近会えずにいた切歌に自分の想いを打ち明け、身体を求めるも
なぜかイクことができない・・・。翼では何度もイケたのに・・・。
タイミングを見透かしたように翼から帰国の報告。

切歌への罪悪感を心の中で言い訳を繰り返しながら指定されたホテルへと向かう調。
そこにはケバメイクに褐色肌、レースクイーンのような
妖しく光る黒エナメル質のスポブラ、ショートパンツ姿の翼がいた。
あまりの豹変ぶりに調は驚きつつも、
口調が態度いつもの翼だったので安心していた・・・が。

邪なる陰謀で変容した翼によって調も堕落していく・・・!

 

「そうだ、土産があると伝えていたな♥そらーーーーッ♥チ○ポだ♥」

甘く誘うような声色でふたなりチ○ポを調の目の前に差し出す翼。

「(!?なんで。どうして。なに。おおきい。)」

調はおぞましく立派な肉棒を凝視しながら違和感よりも欲望が勝り、

混乱と興奮に理性を失い始めていき・・・

「本物と同じ・・・・・・私の血を通わせ、子種を射精する♥

早く月読を犯したくてたまらないんだ・・・・・・・ふふっ♥

無論、強要はしない。あくまでスキンシップさ・・・・・♥

ただ、快楽は約束するぞ♥これまでにない極上の体験を味わえるんだ・・・♥」

翼は前と同じ、獣のような性欲をぶちまけながらも

心を揺さぶるように引いたり、誘惑していきます。

「(ずるい。そんなこと言われて私が断れるわけない。

私はーーーー切ちゃんを守るために。ーーーーーー嘘だ。

理由なんていらない。身体の求めてるモノ。ごめんね、切ちゃん)」

初めて切歌を理由に身を委ねていたことをウソだと認め、内心謝る調。

「翼さん。ーーーーーお願いします♥気持ち良くしてください・・・・・ッ♥」

全裸になり、ベッドの上で大きく股を開き、オマ○コを広げておねだりしていくと

「あぁ♥共に果てよう・・・・・♥調♥」

翼は悪女な笑みを浮かべ、ふたなりチ○ポを差し出していきます。

「(これから私を犯してくれる翼さんのチ○ポ♥

服従のキスーーー。それに奉仕しないと♥)

トロンとした目つきで肉棒をくわえ込んだ調は

発情したメス犬のように必死にヂュポヂュポしゃぶりながら

心の中で淫語と歓喜を繰り返していき・・・

新たなマスターの忠実な悪堕ち僕となった翼に篭絡され、

ふたなり中出しセックスで連鎖堕ちしていく調の姿は必見です!!

 

 

訓練後に翼から激しく貪られる調

妖ケバ悪堕ち魅了戦姫ヒロイン

背徳感と圧倒的快楽で絶頂を繰り返していき・・・

妖ケバ悪堕ち魅了戦姫ヒロイン

大好きなはずの切歌とのレズセックスでイケずに不満が募っていきます

妖ケバ悪堕ち魅了戦姫ヒロイン

帰国した翼の豹変ぶりに驚く調

妖ケバ悪堕ち魅了戦姫ヒロイン

堕落誘惑に屈し、ふたなり中出しセックスで連鎖堕ちしていきます

妖ケバ悪堕ち魅了戦姫ヒロイン

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_163277/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑