粘液化寄生で美人巨乳OLたちの身体を乗っ取った男たちが、バニーコスプレでレズり合い、完全に同化させていく・・・

公開日: 

エロマンガ そのカラダ、頂きます のご紹介です。

 

<内容>

明(あきら)、めぼしい娘はいたか?」
「んー、イイ線いってるのはいるけど…もう一声って感じだな。樹(いつき)はどうよ?」

多くの人が行き交う街中を見回しながら会話するふたりの男。
タイプの女性を探しているようだが、どうやらナンパ相手を見つけたいわけではないようだ。
女性に求めるルックスが異常なほど高いふたりが「あの娘でもない、あの人でもない」と
話しているうちに見つけたのは、談笑しながら歩道を歩いてくる若く美しいOLたちの姿。

「おっ!あのふたりはどうよ?」
「いいねぇ!右の女が特に俺好みのルックスしてるぜ」

どうやらふたりのお眼鏡に適ったようだ。

「決まりだな。【いつもの方法】で誘き出すぞ」

明は近くの裏路地を指差しながら言うと、ふたりはその奥へと姿を消していく。
運悪く明と樹に目を付けられてしまったことに気付かないまま、
楽しそうに話す先輩OLの真琴と後輩OLの秋穂。
彼女らの運命はこの瞬間、決まってしまったのであった。

 

「お忙しいところありがとうございます。とても(チョロくて)助かります」

人気のない路地裏へと2人を誘い、内心バカにしながらお礼を言う婦警たち(中身は明と樹)。

「全然問題ないですよ!役に立てるかわからないですけど・・・」

秋穂は嫌な顔一つせず、満面の笑みで答えていくと

「いえいえ、むしろお二人でないとダメなんです。

そのカラダを提供頂くんですから!」

婦警は邪悪な笑みを浮かべ、秋穂の手を掴んでいき・・・

身体を粘液状に変えていきます。

「ひいぃっ?!な、なに!?あなたは一体・・・!?」

目の前の人間が溶けていく恐怖に怯えていく秋穂。

スライムのような形となり、じわりじわりと近づいてくると

「い、いやっ!来ないで!!きゃあーーーんぐぼおおっ!!」

悲鳴と共に口の中へと無理やり入り込まれてしまい・・・

目をカッとさせ、身体を痙攣させながら完全に侵入されていきます。

「秋穂ちゃん!!」

パニックになりながら倒れそうになる後輩を支え、心配する真琴。

後ろからもう1人の婦警に羽交い絞めにされ、抵抗しようとするも

「はいはいおとなしく乗っ取られてくださいね~」

「んぎいいっ!?おっ!おっ!んおおっ!おほおおおっ!!」

粘液に耳から侵入され、グチュグチュと脳姦されていき・・・

無様な表情で涙とヨダレをダラダラ垂らし、乗っ取られていきます。

「大丈夫ですか、真琴先輩」

フラっと倒れそうになる真琴を抱きかかえる秋穂。

「さあて、早速お楽しみ時間といこうか」

「なあ見ろよこの乳!これがスーツの中で窮屈そうに詰まってたんだぜ?」

「巨乳ドスケベバニーのぉ、できあがりぃ♪」

「あはああああっ!♥そこっクリすごっ!めっちゃ感じるっ♥」

美人巨乳OLの身体を乗っ取った明と樹がバニーコスプレに着替え、

感度抜群の女体の乳首やクリトリスをレズり合い、イカせまくり、

完全に同化して記憶、身体、人格を奪っていく明たちの姿は必見です!!

 

 

粘液化する府警に怯え、悲鳴を上げながら口内侵入されてしまう秋穂

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

真琴も寄生され、身体を乗っ取られてしまい・・・

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

さっそくシャツをはだけさせてエロい身体を確かめていきます

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

バニーコスプレし、自分たちの姿を鏡で確認する秋穂(中身は樹)と真琴(中身は明)

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

乳首に吸いついたり、指でつまんで感じさせていき・・・

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

貝合わせで激しく腰を振り合っていきます

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

絶頂と共に完全に同化しようと粘液で頭を包んでいく明たち

粘液寄生乗っ取り 巨乳美人OL

魔の手はアイドルたちにも・・・!?

粘液寄生乗っ取り アイドル 連鎖堕ち

 

ダウンロードはコチラ

そのカラダ、頂きます

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP ↑