気高き爆乳ダークエルフ姫が支配の首輪で媚び娼婦化し、チ○ポの甘美快楽に溺れていく・・・

公開日:  最終更新日:2020/07/10

エロマンガ 惑乱のダークエルフ のご紹介です。

 

雌奴隷として帝国のデブ貴族に買われた
ダークエルフの美姫、『黒曜』のシルヴァ。
誇り高きエルフ族としてベッドの上にあっても
抵抗の意志を見せていたものの、
精神支配をする『支配の首輪』を着けられたことで、
積極的に奉仕する性奴隷となってしまう。
心の中では抵抗の言葉を叫ぶものの、
パイズリフェラや騎乗位ファックにて
口からは愛の言葉を紡いでいくシルヴァ。
やがて肉欲の快楽が心の抵抗感すら奪っていいく・・・!

 

「こ、こんなモノで・・・っあっ・・・あ”っ、あッ、

あ”あッ、あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ッ♥

(何かドス黒くて甘ったるいモノで私が塗りつぶされていくぅぅ~っ!!)」

支配の首輪から脳内へと流れる甘美な電流に、激しくあえいでいくシルヴァ。

「グフフ、そろそろか・・・。おい、ダークエルフ、気分はどうだ?」

デブ貴族は卑猥な期待に笑みをこぼしながら、シルヴァに話しかけていくと

「・・・・・♥・・・・・まるで生まれ変わったような気分です♥

愛おしい私のご主人様♥(・・・・・っ!?)」

シルヴァは自分の意思に関係なく口が勝手に媚びるようにしゃべってしまい・・・

身体も勝手に動き、甘えながら濃厚なハグベロチューをしていきます。

「(か、カラダが勝手に・・・。これが首輪の呪いかっ!)

トロンとした表情で唾液を糸を伸ばしながら、内心困惑していくシルヴァ。

「服従の証にこの栄えある帝国貴族チ○ポに奉仕しろ」

「は、はひィ♥奴隷エルフシルヴァめが誠心誠意ご奉仕します♥」

あれほど反抗していたデブ貴族の勃起チ○ポを見ただけで

ヨダレを垂らし、胸の鼓動が高まりながら歓喜していくと

息を切らし、チ○ポを連呼しながら亀頭をネットリ舐め上げていき・・・

「(に、人間ごときの・・・こんな汚らわしいモノを、

しゃぶらされてるのに・・・舌先からビリビリくるぅっ♥)」

心の中でダークエルフのプライドを保とうとするも、

チ○ポをしゃぶる幸福感とおいしさに溺れていきます。

「あんっ♥ご主人様のザーメンきたぁ♥♥アツういっ♥♥」

爆乳パイズリで大量のザーメンをぶっかけられ、

恍惚な表情を見せていくシルヴァの姿は見ものです!!

 

 

支配の首輪をはめられ、甘美な脳内電流にあえいでいくシルヴァ

支配首輪 従順娼婦人形化 気高きダークエルフ姫

虚ろな瞳で口が勝手に動き、デブ貴族に媚びていき・・・

支配首輪 従順娼婦人形化 気高きダークエルフ姫

プライドを保とうとする心とは裏腹に、チ○ポを連呼しながらフェラに溺れていきます

支配首輪 従順娼婦人形化 気高きダークエルフ姫

変態ポーズで一気に挿入され、歓喜していくシルヴァ

支配首輪 従順娼婦人形化 気高きダークエルフ姫

 

ダウンロードはコチラ

惑乱のダークエルフ(単話)

お得版はコチラ
(他3作品が含まれています)

二次元コミックマガジン 催●強●和姦 弄られヒロイン牝恋アクメ! Vol.2

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑