初めての催眠セミナーで徐々に被験度抜群に発揮し、恋人錯覚奉仕していく女優・・・

公開日:  最終更新日:2019/10/10

エロ動画 催眠セミナーLIVE 被験者:真木今日子 のご紹介です。

 

<内容>

T2019(令和元年) 6/11 AM10:45~LIVE現役女優9年の
ベテランNo.1才女・真木今日子に、ぶっつけ本番の生催眠。
催眠に入る前にぶっちゃけインタビューで素の素顔をさらす。
気の強そうでチャラそうな見た目に反して真面目でハキハキと笑顔でやり取り。

術師とのクロストークによって催眠の仕組みを理解したら、そこからはノンストップ施術。
ラポール(信頼関係)を築いたら、よく導入で有名な指を離した状態から勝手にくっつく催眠。
集中力があり、素直な今日子はすぐにかかり、自分で驚きながら面白さに笑う。

被験レベルが高いところがわたったところで、ペンライト催眠でどんどん深度を高める。
催眠と正気を繰り返しながら目を開いてまま人形のように暗示をきき始めると
重いもの乗せたように重力感、差し棒で触れたところが性感帯、
水が辛く感じたり酸っぱく感じる味覚変換、何もされていないのに感じてしまう快感体験。

身体支配を終えたところで、心の支配を開始。
人間の心を抜かれ、子羊の魂を入れられ、メェーメェー鳴く。
血を吸いたい蚊となって術師にブーンと鳴きながら密着し、首筋にチューチュー吸いつく。
クッションを大好きな人と思い込まされ、
恋人に頼まれた恥ずかしさをあらわにしながらドSに言葉責め、顔面騎乗。
今度はドMな女になってオナニーを披露。
操られるが大好きな人形となり、暗示を繰り返しながら
笑顔でスカートをめくり、おっぱいを見せる。
舌を出し、壊れた表情で脳内絶頂トランス。
瞬時に催眠にかかるようになった今日子は握手した相手が
大好きでたまらなくなる暗示をかけられ、
目の前のカメラマンやディレクターの肉棒を恋人に奉仕するように貪っていく・・・!

 

「止まれ!そう、あなたは時間が止まってしまいます。時間が止まっている間ぁ、

私の暗示を受け入れることができます。いいですねぇ・・・。

握手をしたときに、好きでぇ、離れたくなくなります。

その人に触れられると、異常に感じてしまい~、だんだんと欲しくなってしまいますよぉ・・・。

今言ったことは覚えてませんが、必ずそうなります。いいですねぇ・・・?

3つ数えるとぉ~、意識が戻ってくる、321、ほらっ!パンッ!・・・どうしました?」

ベロを出した催眠人形状態の今日子を正気に戻していく催眠術師。

「・・・・・へっ?・・・あっ、ふふふっw・・・ど、どうしまし、た?w」

微動だにしなかった今日子は手を叩いた音と同時に動き出し

自分のベロを指摘され、口に戻しながら恥ずかしがっていくと

「どうなっているかわかりませんよねぇ?

まぁ気にしなくなりますよ。ちょっと握手しましょうか?」

催眠術師は穏やかながら心に語りかける口調でなだめ、唐突に握手を求めていきます。

「・・・ッ。ふふっ♥うふふふっ♥えっ・・・ちょっとぉ・・・♥くっ、ふふふっ♥」

顔を赤くし、恥ずかしそうに笑い、顔を下向き、身体を密着させる今日子。

「んっどうしたの?くっつきたい?けど私じゃあ困るんですよねぇ・・・。

あ、このカメラマンの方はどうでしょう?」

催眠術師はトボけた口調ではぐらかし、カメラマンと握手するよう勧めていくと

「えっ・・・?あっ・・・ちょっと。・・・・・握手、ですか・・・・・?

はっ・・・・・ふふふふふっ♥・・・・・ふぅ、ふふふっ、くっ、ふふっ♥」

乗り気ではなかった今日子が握手した途端、

同じように恥ずかしがって可愛い顔つきになっていき・・・

カメラマンのチ○ポを大好きな恋人のように、

うれしそうに舐めていく今日子の姿は見ものです!!

 

 

正気と催眠状態を繰り返しながら、催眠深度が高まっていく今日子

催眠被験セミナー 女優

クッションを大好きな人と錯覚してうれしそうに抱きついていき・・・

催眠被験セミナー 女優

舌を出し、壊れた表情でトランス絶頂していきます

催眠被験セミナー 女優

握手で大好きになったカメラマンのチ○ポを恋人のように奉仕していく今日子

催眠被験セミナー 女優

ディレクターにパイズリしていきます

催眠被験セミナー 女優

 

ダウンロードはコチラ

https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=anx00114/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑