催眠洗脳で専属オナホール秘書に堕ちた正義感の強い美女が、中年の体に歓喜しながら奉仕し、中出しセックスに狂っていく・・・

公開日: 

エロ動画 専属奴● オナホール秘書はいかがですか? 加藤ももか のご紹介です。

 

<内容>

MC社に務めるあるビルの管理人に扮した中年社員・吉村。
近頃女性が強くなり、男性が弱くなる昨今。
悩みを抱える男たちにMC社の催眠アイテムを提供していた。
そんなある日、調査会社を名乗る加藤 ももかが強引にやって来る。
正義感の強い彼女はMC社の悪事を調べ、問い詰めていく。
吉村は密かに隠し持っていた催眠ライトを使おうとするも
なんとももかも催眠ライトを持ち、不意打ちで浴びせられる。
ところが催眠反射義眼を事前に用意していた吉村は
彼女の光線を三倍効果で跳ね返し、身動きできなくなったところで
新たに開発された催眠オナホマシンを使う。

ももかのオマ〇コとオナホの感覚をリンクさせ、指でクニクニいじると
触れられていないのにももかは体をクネらせ、甘い声を出しながら感じ始める。
クチュクチュといやらしい液体をあふれさせ、
恥ずかしい格好で何度も手マンイキさせられ、
嫌がりながらもおいしそうにチ〇ポをしゃぶりついてしまう。
それでも堕ちないももかに吉村は、パソコンを使って
彼女に性格、性癖を書き換え、洗脳開始。

「命令受信・・・。28%・・・%・41%・・・・67%・・・・
79%・・・・89%・・・・96%・・・・100%」
「さぁ、自分の地位について、教えてもらおうか」
「はい。私はあなたに支配されるべき人間です。
私はMC社でヘッドハンティングされたのです。はぁ、はぁ・・・♥」「

緑色に妖しく瞳を光らせたももかは
自ら洗脳進行度を告げ、MC社の専属オナホール秘書に堕ちていく・・・!

 

「私、加藤は、MC社の開発専属奴隷秘書として、入社いたします」

赤紫のランジェリー、その上に羽織る光沢薄紫ジャケット、エメラルドグリーンの瞳。

妖艶な雰囲気を醸し出しながら奴隷秘書宣言していくももか。

「じゃあ、キスしなさい」

吉村はさっそく洗脳具合を確かめようと命令していくと

「・・・・・はい♥」

ももかはトロンとした目つきでいやらしく舌を伸ばしていき・・・

「はぁ・・・んんっ♥ぢゅっ・・・ちゅっ♥ぢゅる・・・んんっ♥」

ペロペロチュパチュパと濃厚なキスを繰り返していきます。

「おいしくて仕方ないだろ?」

「はぁあ♥おいしいです♥」

ウットリした表情とため息を漏らし、吉村の問いにうれしそうに答えていくももか。

上半身裸になった吉村に、上目遣いでチラチラ見ながら乳首をレロレロしていくと

パンツに膨らんだ股間を堪能するように揉んでいき・・・

「唾液ください・・・♥」

やらしい舌を大きく伸ばして口を開け、唾液をおねだりし、おいしそうに飲んでいきます。

「さぁ、体見せなさい・・・」

「はぁい・・・・・♥」

「おぉ、最高じゃないか・・・」

赤紫のランジェリーが際立つ、ほどよい大きさの胸、引き締まったウエスト、

割れ目を隠す程度のTバックデカ尻に興奮していく吉村。

四つん這いにさせ、下着越しのオマ〇コやきれいなお尻を舐め回していくと

「あっ・・・♥あああっ、あああっ♥気持ちいいぃぃ♥」

ビッチ奴隷化したももかが、汚いチ〇ポを尻穴に歓喜奉仕し、

イクまで激しく腰を振りつづけ、アへ顔で中出しセックスされていく姿は必見です!!

 

 

吉村に催眠ライトを跳ね返され、目を妖しく光らせていくももか

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

新型オナホと感覚リンクされ、手マンでイカされ続けていき・・・

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

妖艶なMC社の専属オナホール秘書に堕ちていきます

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

お尻を突き出し、クンニされトロけていくももか

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

吉村の汚いお尻をおいしそうに愛撫していき・・・

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

騎乗位やバックセックスでアへ顔であえぎ狂っていきます

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

 

催眠洗脳 専属オナホール秘書化 正義感美女

 

ダウンロードはコチラ

専属奴● オナホール秘書はいかがですか? 加藤ももか

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑