キノコ怪人化因子でふたなり変態悪堕ちしたヒロインがOLや先輩ヒロインをふたなり連鎖堕ちさせていく・・・

公開日: 

エロマンガ 神愛戦姫ピンクハァト~渇望のキノコ帝国~ のご紹介です。

 

<内容>

少子高齢化により、経済衰退する先進国。
それに応じ、誰彼構わず襲い掛かりSEXする悪の組織が台頭しはじめた。

この悪の組織を倒すため、正義のヒロイン「ピンクハァト」は
悪の組織の怪人「キノコ怪人」と一騎打ちを試みるが・・・
圧倒的な力で敗北し、催眠変態洗脳を受けてうれしそに奉仕勝負プレイしてしまう。
途中正気に戻されるも、あまりの快感に溺れ、
『ホクロ』のような怪人化因子を埋め込まれ、無様なアクメ痴態をさらけ出してしまう。

その夜、突然生えてしまったふたなりチ〇ポ。
射精すれば治るのでは?とオナニーするも、射精中毒に。
再びキノコ怪人に催眠を受け、敗北宣言をしながら怪人化因子を中出しされた彼女は悪堕ち。
キノコ怪人の下僕として一般人の青年を誘惑し、逆アナルセックスで快楽の虜して戦闘員に堕とす。
徐々にチ〇ポの快感と力を求めたピンクハァトは、キノコ怪人を逆レイプして力を奪うと
人間をすべてふたなり戦闘員にすべく、手当たり次第に一般人を襲い始める。
ふたなり化させたOLを甘い堕落の言葉と手コキ射精でふたなり戦闘員に。
そこに先輩ヒロインであるグリーンをわざと出動させ、さらなる邪悪な欲望を満たしていく・・・!

 

「さぁ、私の可愛いふたなり戦闘員達、グリーン先輩を抑えなさいっ!」

ニヤニヤしながらふたなり女戦闘員たちに命令していくピンクハァト。

ふたなり女戦闘員たちは無表情無言のまま、グリーンの両サイドから羽交い絞めにしていくと

「きゃあっ!な、なんですの、この子達はっ!?

せ、戦闘員ごときにこのわたくしが負けるはずはありません!」

グリーンは驚きながらも自信満々に振りほどこうとしていくも・・・

ピクリともしない力強さにパニックになっていきます。

「どうですか、この子達の力っ。とぉっても強いでしょう?

これがチ〇ポの生えた女の力ですよっ♥」

グリーンの右側から身体を密着させ、無力な彼女をあざ笑っていくピンクハァト。

偏愛感情をぶつけ、耳をジュルジュルと下品な音を立てて吸いついていくと

「ああっ!あはぁぁぁんっ♥や、やめてくださいましぃぃぃ、ピンクぅぅぅっ♥」

グリーンはあまりの気持ちよさにだらしなく口を開けて感じてしまいます。

「せんぱぁい。わたしぃ、先輩ともっと一緒になりたぁい♥

いひひっ!そうだっ♥キノコ怪人からもらった、この黒い粒ぅ・・・・・♥

先輩にもつけてあげますからねぇ。ほら、動かないで♥」

敏感に反応するグリーンに興奮し、

自分のモノにしようと怪人化因子を彼女の顔につけていくピンクハァト。

うれしそうに左目の下、左側唇の下に指で押し当ててホクロを浮き上がらせていくと

「いい!?いぎぃぃぃぃっ!ダメッ!これ、ダメな奴ですわぁぁぁっ♥」

グリーンは強烈な快感と共に体が浸蝕されていく感覚に陥っていき・・・

大きなあえぎ声と共にクリトリスが巨大ふたなりチ〇ポへと変わっていきます。

「それじゃあ、兜合わせしましょうっ。うふふっ♥グリーン先輩はぁ・・・・。

これから私が作る組織の王になるんですから、入念に洗脳しておかないとぉ」

ピンクハァトはふたなりチ〇ポ同士を

淫らにこすりつけながら卑猥な願望を語っていき・・・

ふたなり変態悪堕ちしたピンクハァトが、一般人をふたなり戦闘員に変え、

キノコ怪人を逆レイプして力を吸収し、ヒロインの先輩であるグリーンを

ふたなりと邪悪な仮面で連鎖堕ちさせていく姿は必見です!!

 

 

キノコ怪人に苦戦するピンクハァト

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン

両手を拘束され、キノコチ〇ポの臭いで催眠状態になってしまい・・・

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン

怪人化因子をホクロのように埋め込まれていきます

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン

ふたなりオナニー中毒に陥ってしまうピンクハァト

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン

キノコ怪人にアクメ敗北宣言しながら悪堕ちしていき・・・

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン

キノコ怪人の力も吸収してさらにパワーアップし、一般人のOLをふたなり戦闘員に連鎖堕ちさせていきます

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン 淫紋連鎖堕ち

先輩ヒロインであるグリーンにも魔の手を伸ばしていくピンクハァト

変態ふたなり悪堕ち洗脳 ヒロイン 淫紋連鎖堕ち

 

ダウンロードはコチラ

神愛戦姫ピンクハァト〜渇望のキノコ帝国〜(CG集のみ)

ゲーム版はコチラ

神愛戦姫ピンクハァト〜渇望のキノコ帝国〜

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑