男性が苦手な女子大生が、催眠ごっくんで術師にメロメロになり、口マ〇コの快楽を求め奉仕していく・・・

公開日: 

エロ動画 〈精飲恋愛催●〉精子を飲めば飲むほど好きになる求愛暗示をかけられた女子大生が身も心も支配され中出しされたがり娘に洗脳アクメ堕ち のご紹介です。

 

<内容>

公園で友人と楽しそうに話す女子大生・ユミに声をかけるスタッフ。
2人の容姿を褒めて持ち上げ、催眠術の番組だと称し、出演依頼する。
友人は気乗りしなかったものの、ユミは興味があると言って参加が決まる。
2人は某スタジオに案内され、催眠術師と会話。
人見知りで特に男子に免疫がないというユミの悩みを催眠術で解決することに。
まずは定番の手が物を持ったように重くなる、体が動けなくなる、
嗅覚が変わり、臭いにおいが大好きになる暗示をかけられるユミ。
友人と共に驚き、感嘆する彼女だったが、友人が帰りたいという発言に、一緒に帰ろうとする。
あわてて催眠術師は、友人がいない間にユミに催眠をかけ、
催眠術師が好きになること、もう一度現場に戻って来たくなる暗示をかける。

1人スタジオに戻って来たユミは先ほどの男性苦手意識克服を理由に
催眠術師にチ〇ポを差し出される。
始めは戸惑っていたものの、触るうちに、シゴくうちに、だんだんと慣れ、口に咥えむと
イラマチオされ、涙目とヨダレを垂らしながら口内射精。
ザーメンを飲むと催眠術師がさらに大好きになる暗示をかけられ、
自ら催眠術師に抱きつき、メロメロに。
青色の瞳に変わり、言われるがままバニー耳をつけ、変態網タイツ衣装に着替えたユミは
舌や乳首をクリトリスに変えられ、いじられただけでビクビク感じ、絶頂。
チ〇ポ大好きに洗脳され、あれほど戸惑っていたチ〇ポをうれしそうに奉仕していく・・・!

 

「ほら、この光を見て・・・。そうそう・・・。この光りを見るとぉ、

ボクのチ〇ポがしゃぶりたくて仕方なくなる・・・。

じ~っと見てごらん・・・そう・・・3、2,1、ハイっ!」

仰向けで絶頂の余韻に酔いしれるユミに、ペンライトの光りを当て、暗示をかけていく催眠術師。

ユミはトロンとした瞳で見つめ、チ〇ポ大好きに洗脳されていくと

促されるまま体を起こし、物欲しそうに催眠術師を見つめていき・・・

「ほら・・・どうしたいの?」

催眠術師は彼女の欲望を口にするよう仕向けていきます。

「触りたいです・・・おチ〇ポ・・・」

懇願するような表情でおねだりしていくユミ。

下着越しのチ〇ポを愛おしそうにさすり、パンツの中に手を入れ感触を確かめていくと

「ふぅぅ・・・はぁぁ・・・♥すぅぅーーー♥んんっ・・・すごい♥」

そのまま脱がし、あらわになったギンギンのチ〇ポに笑顔がこぼれていき・・・

鼻をくっつけて臭いを嗅いで堪能していきます。

「どんどんしゃぶりたくなるよ、ほら・・・。光を見るとどんどんしゃぶりたくなる・・・。

口がマ〇コのように敏感になるよぉ・・・。しゃぶればしゃぶるほど気持ちよくなる・・・」

再びペンライトの光を当て、暗示をかけていく催眠術師。

ユミはウットリした表情で大きく息を吐いていくと

舌を伸ばし、亀頭をネットリと舐め回していき・・・

「あっ・・・んんっ♥んっ、気持ちいいですっ♥くっふうぅん・・・♥んんっ・・・♥」

艶めかしい息を漏らし、ヂュポヂュポとしゃぶりながら感じていきます。

快楽を求めてキンタマやアナルも必死に舐め、

挿入をおねだりしてあえぎまくっていくユミの変貌ぶりは見ものです!!

 

 

嗅覚を変えられ、催眠術師の靴下の臭いをいい匂いだと感じていくユミ

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

ペンライトの光を当てられながら催眠暗示をかけられていき・・・

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

イラマチオされ、涙目とヨダレを垂らし、口内射精されていきます

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

ザーメンを飲むことで催眠術師に魅了され、もっとしたいとおねだりするユミ

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

変態バニー衣装に着替え、口マ〇コフェラで感じていき・・・

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

騎乗位で淫らに腰を動かし、あえぎまくっていきます

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

再び口にザーメンを出されて飲み、さらに催眠術師のことが大好きになるユミ

男子苦手 素人女子大生 催眠ごっくん魅了

 

ダウンロードはコチラ

〈精飲恋愛催●〉精子を飲めば飲むほど好きになる求愛暗示をかけられた女子大生が身も心も支配され中出しされたがり娘に洗脳アクメ堕ち

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑