男性恐怖症の女子大生が、鬼畜管理人の催眠洗脳調教で変態マゾ奴隷化し、臭チ〇ポを貪っていく・・・

公開日: 

エロ動画 男性恐怖症のJDを強●コントロール!淫乱トランス化 さくらみゆき のご紹介です。

 

<内容>

催眠アイテムを提供しているMC社から催眠ライトを手に入れたマンションの管理人は、
それを使い、ほかの住人たちを操り、洗脳し、自分好みの性奴隷にしていたが
前のマンションの女たちは飽きてしまい、新しいマンションで良い女を狙い始める。

今回のターゲットは美人ながら男性恐怖症の女子大生・ミユキ。
会話もままならない彼女に催眠ライトを使って自分を彼女の高校の先生だと誤認させる。
ミユキに上半身スケスケのセーラー服、パンツが見えそうなマイクロミニスカート、
赤色蛍光色のルージュ姿にさせていくと
希望の大学の推薦をちらつかせながら、彼女にセクハラして羞恥反応を楽しむ。

再び催眠ライトを当て、次の段階へ進めていく管理人。

「おまえは本当はレイプされて喜ぶ変態なんだ。
私がご主人様だ・・・。ご主人様にひれ伏せ・・・」

後ろからおっぱいを揉みながら、マゾ変態女であることを暗示のように何度もささやいていくと
ミユキは目をミントグリーンに変色させ、性奴隷へと洗脳されていく・・・!

 

「ご主人様・・・・・・。」

管理人の暗示を繰り返すようにつぶやき、ゆっくりと土下座していくミユキ。

深々と頭を下げ、ゆっくりと体を起こしていくと

「ご主人様・・・。私、やっと目が覚めました。私はこれからご主人様の奴隷です。

ご主人様のその臭い口と臭いおチ〇ポで、私を犯してください・・・♥」

今までに見せたことのない妖艶な笑みを浮かべながら奴隷宣言していき・・・

男が苦手だったとは思えない変態マゾおねだりしていきます。

「しょうがないなぁ・・・・・w」

ニヤニヤしながら近づいていく管理人。

マイクロミニスカートからはみ出るデカ尻を思う存分撫で回していくと

机の上に這いつくらばせ、オマ〇コをローターで刺激し、バイブでズボズボしていき・・・

「こうして欲しかったんだよなぁ?」

「ああっ♥はぁああっ♥こうして欲しかったですぅ♥あっ、あああっイクっ!イクぅぅ♥」

ミユキは管理人に誘導質問され、マゾ淫語を連発しながら絶頂し、ピクピクしていきます。

「ご主人様・・・。ご奉仕させてください・・・♥」

管理人を求めるように優しくベッドへと押し倒していくミユキ。

媚びるような甘い声を漏らしながら、必死に乳首をベロベロ舐めていくと

大きく舌を伸ばして絡め合ったり、ヂュプヂュプと吸いついてディープキスしていき・・・

息をハァハァと切らして興奮しながらズボンや下着を脱がしていきます。

「どうだ?」

「あっ、はぁぁっ♥ああ・・・。スゥー、スゥー、臭くていい匂いです♥臭いの最高ですぅ♥」

管理人の汚チ〇ポを嗅ぎ回り、強烈な臭いを堪能していくミユキ。

ネットリと舌を這わせて丁寧に舐め回し、おいしいを連呼しながらヂュポヂュポしゃぶっていき・・・

乳首を必死に肉棒にこすりつけ、騎乗位だけでなくバックで自ら腰を振ってアへ顔になり、

中出しを懇願していくミユキの姿は見ものです!!

 

 

管理人に声をかけられ、戸惑うミユキ

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

管理人の持っていた催眠ライトの光を浴びせられていき・・・

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

目を怪しく光らせ、誤認洗脳されていきます

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

マゾ奴隷へと洗脳され、土下座しておねだりしていくミユキ

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

あれほど怯えていた男の愛撫でトロけていき・・・

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

バイブでズボズボとオマ〇コをかき回され、絶頂していきます

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

おいしいと連呼しながら臭チ〇ポをフェラしていくミユキ

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

バックで突かれ、騎乗位で腰を振り、アへ顔であえいでいきます

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

 

男性恐怖症 女子大生 マゾ奴隷洗脳

 

ダウンロードはコチラ

男性恐怖症のJDを強●コントロール!淫乱トランス化 さくらみゆき

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑