敵に憑依された恋人ヒロインに弄ばれ、悪の因子で女体化悪堕ちさせられていくヒーロー・・・

公開日: 

エロマンガ 聖装戦隊ブレイブハーツ ~そして正義は悪に堕つ~ のご紹介です。

 

<内容>

聖装戦隊ブレイブハーツは、悪の組織ルードカードの本拠地を発見したと言う、
イエローの案内で敵本拠地に突入した。
敵のボス・クイーンを倒し、無事平和を取り戻した・・・かに見えたが・・・。
だが、それは敵の罠だった!
イエローの仇敵・ジョーカーと体を入れ替えられていたのだった。
本物のイエローは元の自分の魅惑の身体に発情してしまい、無様に足コキ搾精されていた。

黒幕のルードが姿を現し、新たな四天王をブレイブハーツから手に入れるという真の狙いを明かす。
クイーンに憑依していたベニーがピンクの身体に憑依。
ベニーに憑依されたピンクは恋人レッドを弄ぶように本人成り切ったり、
目の前で痴態を晒したり、男根を痴女責めする。
さらにレッドを使い『ブレイブ因子』と『ダーク因子』を掛け合わせた最強の女戦士を誕生させていく・・・!

 

「何をする!?」

「何って手コキだよ。気持ち良いだろ?

わぁ、レッドさんのおち〇ちんさん大きいですね♥」

レッドの勃起チ〇ポをシュッシュッと手コキしていくピンク(中身はベニー)。

弄ぶようにピンクの口調で淫語を浴びせていくと

「わたくしのお口で気持ちよくなって下さいレッドさん♥」

爆乳で肉棒を包み込み、ヌチュヌチュヂュルヂュルとパイズリフェラしていき・・・

「(これはピンクじゃない!ベニーなのに!)ぐっ・・・・・!」

レッドは頭では理解してても、大好きなピンクの奉仕に耐え切れず、射精していきます。

「さて、これから仲間になるレッドへのサービスはこんなものか」

口についた精液を手で拭き取りながら本題に入ろうとするピンク。

「誰が仲間になるか!」

「なるんだよ」

ふざけるなと怒るレッドに注射器でダーク因子を注入していくと

「ぐああああああ!」

レッドは悲痛な声を上げながら鍛えられた肉体が縮み、胸が大きく膨らんで、

髪の毛が長くなり、男根から女性器へと変化していき・・・

「これが・・・・・俺?」

渡された手鏡の中に映る自分の豹変した美女の姿に青ざめていきます。

「ほら、今までに感じたことのない感覚だろ?」

できてた巨乳をムニュムニュと揉んでいくピンク。

「ひゃう!?ぐっ・・・や、やめろぉ」

レッドは電気が走るような快感に身体をビクビクさせて声を必死に我慢していると

VRゴーグル型の洗脳装置をつけられてしまい・・・

「あが!?いぎ!?ぐあああああ!(頭の中を何かが駆け巡っていく!やめろ!やめてくれ!

駄目だ!それだけは消すな!壊さないでくれ!)」

記憶が消えていく恐怖に怯え、必死に自分が何者かであるかを自分自身の心に訴えていきます。

「テメエの名はハーティア。ルードカードの四天王として、皆と一緒に世界を侵略するのが使命だ」

耳元で堕落させるように新たな名前、使命をささやいていくピンク。

「あああああああああ!」

レッドは大きく悶え、頭の中が新たな記憶に完全に染められていくと

「終わったぞハーティア。気分はどうだ?」

「すっきりした気分だぜ。これが『ブレイブ因子』と『ダーク因子』を持った肉体か」

ピンクの声に反応してゆっくり目を開けたハーティアは

ニヤリとしながら新たな肉体の心地よさにウズウズしていき・・・

「はぁはぁ、気持ち良い!気持ち良いよ!お前のち〇ぽ、俺にぴったりだ!」

「やめろ!やめてくれ勇士(レッド)!」

仲間であったブルーを自らの手で逆レイプしていくハーティアの姿も必見です!!

 

 

ジョーカーに身体を入れ替えられ、足コキでイカされてしまうイエロー

戦隊ヒロイン 入れ替わり 痴女足コキ

ピンクはベニーに身体を乗っ取られていき・・・

戦隊ヒロイン 敵憑依

レッドを弄ぶように誘惑し、手コキしていきます

戦隊ヒロイン 敵憑依 手コキ

ピンク(中身はベニー)にダーク因子を注入され、女体化が始まっていくレッド

戦隊ヒーロー 女体化悪堕ち

出来立ての巨乳を揉まれて敏感に反応し、洗脳装置にかけられていき・・・

戦隊ヒーロー 女体化悪堕ち

ルードカードの四天王・ハーティアへと悪堕ちし、ブルーを逆レイプしていきます

戦隊ヒーロー 女体化悪堕ち 逆レイプ 騎乗位

 

ダウンロードはコチラ

聖装戦隊ブレイブハーツ 〜そして正義は悪に堕つ〜

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑