魔蟲支配された実の親である王と王妃によって妹姫が連鎖堕ち、ふたなり女体化した兄も毒牙にかかっていく・・・

公開日: 

エロマンガ Comic The 悪堕ち!蟲姫様が行く! のご紹介です。

 

<内容>

『幸福の国』と呼ばれ、世界中の人々から憧れと尊敬を集めていた『アスラム国』。
かつてこの国では人間と共に共存する『蟲』とその女王『蟲王』が医療、軍事などで
様々な働きをし、人々の豊かな生活の基盤となっていた。
しかし・・・ある夜、新たに生まれた一匹の突然変異蟲が
王家に伝わる古の予言で警告されていた『魔王蟲』へと魔進化・・・。
アスラム国の王と王妃を完全に洗脳し、悪魔の下僕として支配するようになってしまう。

両親の変化に気づいた王子・アレンと妹のエレナ姫は幸運にも洗脳される直前に
『蟲王』を連れ、ともに王宮を脱出することに成功した・・・。
食料として人間に襲ってくる魔王蟲に対抗するため、アレンは蟲王の力を借り、
『性転換蟲』によって女体化、『蟲姫』となり、戦っていた。
しかし、罠にハマり、エレナと共に捕らわれてしまう。

『中性化変異蟲』による『ふたなり化』。
魔王蟲に支配された王妃の触手蟲オナホや触手蟲チ〇ポで
男性器と女性器を同時に犯されてしまう蟲姫。
人外の快楽に必死に耐えていたものの、
実の父に犯され、魔精を注がれて連鎖堕ちしたエレナにも襲われてしまう・・・!

 

「さあ、目覚めよ!生まれ変わったわが娘よ!」

大量の魔精をエレナに中出ししていく王。

「いっ・・・嫌~ッ・・・!何で私の肉体が、こんな事に~!?

たっ・・・助けて~お兄様~ッ!」

エレナの股間からふたなりチ〇ポが生え、肌色の肉体が徐々に白紫色に変色していくと

「このままじゃ・・・私・・・。大好きなお兄様を犯しまくってしまいそうですわ~ッ・・・」

身体全体を魔精に支配され、淫猥な笑みを浮かべながら長い舌を出していき・・・

乳首丸出しのビッチ衣装へと変わり、頭に魔蟲が生えていきます。

「アハハハッ!いい姿に変わったじゃないか。その衣装も良く似合うよ~!

さあ~お前も早くこっちに来て、頑固な兄を堕とすのを手伝いな!」

蟲姫を犯しながら生まれ変わったエレナに手伝うよう命令していく王妃。

「は~い!分かりましたわ、お母さま~ッ!」

エレナは手を上げ、うれしそうに答えていくと

「ウフフフフッ・・・それじゃあ私が、

お兄様の射精を優しくお手伝いさせていただきますわ~!」

エレナは舌をイボイボ触手のように変化させながら4つに分けていくと

蟲姫のふたなりチ〇ポの亀頭をネットリと絡めていき・・・

そのまま咥え込み、ひょっとこ顔でバキュームしていきます。

「あッ・・・はあッ・・・!はあッ・・・はあッ・・・あッ・・・ああッ・・・!」

浸蝕する魔精によって身体を変色させながら、快楽に悶えていく蟲姫。

「それでは家族が再び融和する事を願って私も参加するとするか」

王はニヤリとしながらお尻を突き出しているエレナのオマ〇コに触手チ〇ポをぶち込んでいくと

「ふわ・・・あ・・・ア・・・ッ・・・ああ・・・ッン!」

エレナはハート目になりながら、歓喜のあえぎ声を上げ、舌を激しく動かしていき・・・

「ふわ・・・あ・・・ア・・・ッ!ひぐあ~ッ!」

蟲姫は耐え切れず、ザーメンをぶちまけイってしまいます。

魔蟲堕ちした家族に堕落誘惑されながら、

ふたなりチ〇ポで犯され、連鎖堕ちしていく蟲姫の姿は必見です!!

 

 

城から抜け出し、洞窟でレジスタンス活動するアレン(左)とエレナ(右)

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子

蟲王の体内に入り、性転換蟲によって女体化していき・・・

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子

蟲姫となって活躍するも、罠にハメられて捕らわれ、人外化した王と王妃と再会します

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子

中性化変異蟲の精液を飲まされ、ふたなり化していく蟲姫

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子

ふたなりチ〇ポを王妃の触手オナホに包み込まれていき・・・

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子

ふたなりチ〇ポで犯され、処女喪失していきます

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子

王に魔精を注がれ、連鎖堕ちしていくエレナ

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子 妹王女 ふたなり化 連鎖堕ち

舌を変化させ、蟲姫にフェラしていき・・・

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子 妹王女 ふたなり化 連鎖堕ち

生まれ変わったアレンとディープキスで求め合い、そして・・・

魔蟲寄生支配 蟲姫 女体化王子 妹王女 ふたなり化 連鎖堕ち

 

ダウンロードはコチラ

Comic The 悪堕ち!蟲姫様が行く!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑