魔の触手快楽に堕ち、ふたなり洗脳された聖女が、純粋な少女シスターをふたなり連鎖堕ちさせていく・・・

公開日: 

エロマンガ 聖女解放 のご紹介です。

 

<内容>

シスター見習いのシルキーは、元勇者一行の僧侶・アンヌを尊敬していた。
女性らしい母性溢れる肢体を戦闘服に包み夜な夜な魔物退治まで行うアンヌ。
だがある晩、礼拝堂でアナルに触手を浣腸し、
ふたなりペニスを触手魔物で扱いて射精する彼女を目撃してしまう。
捕らわれたシルキーは魔物によって、
ふたなり聖女に堕ちたアンヌを救うため気丈な態度を振舞うも、
アンヌは彼女にも魔の快楽の虜にしようと強制的にペ〇スを生やさせていく・・・!

 

「・・・ひ・・・っ!?ああっ!(なんで・・・触手が・・・!?)」

アンヌにまとわりついていた触手が一斉に襲い掛かり、捕らわれてしまうシルキー。

「いけませんねシルキー。私は言ったでしょう?

『早く寝て部屋から出ないように』って・・・。・・・悪い子ですね・・・♪」

アンヌはゆっくりとシルキーに近づき、彼女の怯える顔に手を添えていくと

自身が『勇者』という肩書に重荷になっていたこと、

淫魔によって心を解放され、欲望に素直になったことを告げていき・・・

「嘘だ・・・勇者様パーティーの一員のシスターが

そんな悪魔の囁きに屈するはずないもん・・・っ」

凛々しく憧れだったアンヌからの思えない言葉に、シルキーは必死に否定していきます。

「・・・まだ認められませんか。まあ仕方ないですが・・・。

あなたも少し変われば『素直』になれると思いますよ・・・?」

シルキーの修道服スカートをたくし上げ、クリトリスに魔法をかけていくアンヌ。

「あ”っ・・・あ・・・うあ・・・あ”・・・か・・・っは・・・んはぁあっ!!!」

シルキーは痺れる鼓動と強烈な刺激によって大きくあえいでいくと

巨大なふたなりクリチ〇ポを生やしていき・・・

「あはっ♥私におち〇ぽを授けてくれたインプの魔法・・・。うまくいったみたい・・・♥」

アンヌは自分よりも大きいサイズの肉棒に歓喜し、うれしそうに吸いつき始めていきます。

「んぁあっん・・・っ♥(な・・・何この感覚・・・っ。すごい敏感で・・・)」

初めて味わうフェラの快感に身体をビクビクさせて感じていくシルキー。

亀頭やカリ首を舌で舐め回され、肉棒を吸引され、

精液が立ち昇っていく気持ちよさに溺れていくと

「ここは礼拝堂ですよ?本当に『素直』になって・・・

魔性の快楽に堕ちるまでイクのはお預けです♥」

ニヤっとしたアンヌはロザリオのヒモをチ〇ポにくくりつけて寸止めしていき・・・

シルキーを触手でオスの快楽を、自身のふたなりチ〇ポでメスの快楽を

味あわせて連鎖洗脳していくアンヌの姿は必見です!!

 

 

ふたなり勃起チ〇ポと絡まった触手姿を見せつけ、妖艶なフェロモンを放つアンヌ

ふたなり洗脳 魔快楽堕ち 聖女シスター 少女シスター 連鎖堕ち

シルキーのクリトリスに魔法をかけ、ふたなり化させていき・・・

ふたなり洗脳 魔快楽堕ち 聖女シスター 少女シスター 連鎖堕ち

舌でネットリ舐め回し、ヂュポヂュポとしゃぶってフェラの快楽に溺れさせていきます

ふたなり洗脳 魔快楽堕ち 聖女シスター 少女シスター 連鎖堕ち

触手にシルキーのふたなりチ〇ポをバキュームさせながら、後ろから犯して連鎖洗脳していくアンヌ

ふたなり洗脳 魔快楽堕ち 聖女シスター 少女シスター 連鎖堕ち

 

ダウンロードはコチラ

聖女解放(単話)

お得版はコチラ

二次元コミックマガジン ふたなり触手搾精 射精快楽に溺れるヒロインたち Vol.1

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑