寄生蟲触手に脳姦されながら寄生蟲支配された部下に犯され、身も心も淫乱洗脳されていく強気皇女・・・

公開日: 

エロマンガ 戦乙女イレーネ 〜蟲に支配された王女〜 のご紹介です。

 

<内容>

軍隊の指揮を執り森に巣くう魔蟲の討伐へ赴く皇女イレーネ。
だが先陣を切った隊員たちが蟲に寄生され、
イレーネは正気を失った部下に捕らわれてしまうことに。
元部下たちの身体を介し、蟲触手に脳を侵され、
寄生ペニスに処女を奪われ悶絶してしまう敗北皇女。
脳内を蠢く触手に少しずつ身体を作り替えられたイレーネは、
激しい凌辱快楽に身も心も甘く蕩かされていく・・・!

 

「ぐっ・・・貴様ら何をしているんだ!?今すぐ放せ!」

蟲に寄生された部下たちにいきなり羽交い絞めされてしまい、困惑するイレーネ。

必死に話すよう訴えるも、蟲を首元に寄生させられていくと

触手を耳に突っ込まれ脳内をかき回されていき・・・

「(頭の中、這いずり回られてる・・・)あ”が”ああッ!」

強烈な刺激に悶え声と共に涙とヨダレを垂らしていきます。

「な、何が目的なんだ・・・」

脱力しながらも強い意志で理性を保ち、敵の目的をたずねるイレーネ。

「ただの生存本能だ。女は犯し孕ませて、男は乗っ取り戦力を増やす。

さぁお話は終わりだ。この身体の肉体改造が完璧かお前で試してやる」

部下はニヤリとしながら寄生触手が絡みついた巨大チ〇ポを差し出していくと

「クソ虫が・・・」

「そのクソ虫にいいように扱われるんだ、覚悟しろよ!」

気丈な態度で強がるイレーネの口にぶち込んでいき・・・

「(くそっ!こんなの・・・嫌なはずなのに・・・。

なぜ溢れ出ている体液が美味しく感じてしまうのだ!

また触手が脳で暴れて・・・こいつのせいか!)」

イレーネはイラマチオされる度に寄生触手に脳姦され、

どんどん淫乱な身体へと改造されながら感じていきます。

「よし、本番といこうか。後ろからぶっさしてぐちゃぐちゃにしてやる!」

「まてっ!私の処女は政略的に価値があるんだ!

やっ・・・やめろぉっ!ぐうっ・・・ん”ぐうぅっ!!」

悲痛な叫びも虚しく、禍々しい肉棒で処女マ〇コを貫通されていくイレーネ。

容赦ないピストンで嫌がりながらも、脳内と共に性器まで敏感に変えられていく快楽に

トロ顔になりながらあえぎ、恐怖し、悶えていくと

「もう突かないで♥頭おかしくなってしまうっ♥」

あれほど強気だったイレーネの声色が、メスの甘い声色へと変わっていき・・・

「まだ・・・♥足りない・・・♥」

アへ顔絶頂し、欲望に身を委ね、

自ら騎乗位で腰を振っていくイレーネの堕ちっぷりは必見です!!

 

 

寄生蟲の触手で脳をかき回され、涙とヨダレを垂らして悶えていくイレーネ

寄生蟲触手 脳姦凌辱 淫乱苗床堕ち

イラマチオされながらどんどん改造されていき・・・

寄生蟲触手 脳姦凌辱 淫乱苗床堕ち

容赦ないピストンを繰り返され、メス顔と甘い声色で絶頂していくと

寄生蟲触手 脳姦凌辱 淫乱苗床堕ち

欲望に屈し、自ら騎乗位で激しく腰を振っていきます

寄生蟲触手 脳姦凌辱 淫乱苗床堕ち

 

ダウンロードはコチラ

戦乙女イレーネ 〜蟲に支配された王女〜(単話)

お得版はコチラ
(寄生、洗脳、悪堕ち関連の作品が他3つ含まれています)

二次元コミックマガジン 脳姦悪堕ち 洗脳快楽に侵された正義のヒロイン Vol.1

他作品についてはコチラ

煩悩神の脳姦凌辱で寄生悪堕ちした豊穣貧乳女神が、助けてきた少年をマゾ淫語搾精していく・・・

ナノマシン脳姦による卑猥妄想と、度重なる凌辱絶頂で、淫乱怪人へと堕ちていくヒロイン・・・

機械触手脳姦とふたなり化洗脳された双子姉が、助けに来た双子妹とレズアへ堕ちしていく・・・

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑