淫紋支配された爆乳強気村娘が邪険にした主人公を妖艶夜這いし、性の虜にしていく・・・

公開日: 

エロマンガ 闇憑村 第一夜 のご紹介です。

 

<内容>

その村には「男だけで訪れてはいけない」という奇妙な噂が広まっていた。
民俗学を専攻する学者の門部 幸太郎は、その噂の真相を知る為村を訪ねることに。
しかし、村人達には警戒され気の強い娘に無下に扱われる始末…。
困っているところを、村娘の静に助けられ一晩泊めて貰うことになったが
その夜、昼間に出会った気の強い娘・桜歌(おうか)に寝込みを襲われていく・・・!

 

「ん・・・っ。なんだ・・・何か重い・・・」

体にのしかかる重力に気づき、目を覚ます幸太郎。

目の前に豊満なおっぱいをさらけだした女の姿が映り、驚愕していくと

「あら、起きちまったかい?おっと。いい?騒ぐんじゃないよ・・・

あたしは桜歌ってんだ。よろしくね旦那」

桜歌は騒ごうとする幸太郎の顔におっぱいを押しつけていき・・・

息をハァハァと切らしながら自己紹介していきます。

「あんた・・・っ、昼の・・・!なんのつもりだ。

こんな夜更けに・・・!(どういうことだ・・・?)」

自分を邪険に扱った娘のありえない行動に混乱する幸太郎。

「女が訪ねてくる理由なんて、ひとつっきりしかないだろう?細かいことはいいじゃんか・・・」

桜歌は言いくるめながら首筋をペロっと舐めていくと

乳首をクリクリしながら胸板を愛撫していき・・・

「(どうして・・・!なんだ・・・これは・・・っ。なんだこの艶(なまめ)めかしさは・・・!)」

幸太郎は理解できぬ行動に警戒しようとするも

どんどん心臓が高まり、妖艶な桜歌の姿に魅入っていきます。

「ふふ・・・っ♥その気になってきたね♥」

右胸の上に妖しげな紋章を刻み、ふーッふーッと甘い息を切らした桜歌は

さらに虜にするようにおっぱいで顔面をうずめさせ、ディープキスしていき・・・

謎の淫紋に支配された桜歌が幸太郎を性獣へと引きずりこんでいく姿は必見です!!

 

 

幸太郎に夜這いし、妖艶な香りを漂わせる桜歌

淫紋支配 爆乳強気 村娘 誘惑夜這い

おっぱいで顔面を押しつけ、ディープキスしていき・・・

淫紋支配 爆乳強気 村娘 誘惑夜這い

顔面騎乗してオマ○コを嗅がせ、シックスナインしていきます

淫紋支配 爆乳強気 村娘 誘惑夜這い

幸太郎の理性を破壊し、中出しさせていく桜歌

淫紋支配 爆乳強気 村娘 誘惑夜這い

 

ダウンロードはコチラ

https://book.dmm.co.jp/detail/b399agoar01666/yurikichi-004

次話はコチラ

//senouakuochisaimin.com/eromanga-sennouchijyoka/inmahyouiinmonmikorenge/

最終話はコチラ

//senouakuochisaimin.com/eromanga-sennouchijyoka/shizukasakyubasuoukarenka/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑