絶望と怒りで狂愛感情をむき出しにし、仲間のアナルを容赦なくふたなり触手チ〇ポで〇していくヒロイン・・・

公開日: 

エロマンガ 双光新星トゥインクルツインズ のご紹介です。

 

<内容>

変身ヒロインの明里は別々に捕らわれた
相棒の凛を救うために敵にその肉体を差し出し、
敗者の証として陵辱を受け入れ痴態を披露する。
だが、それこそが敵の罠だったのだ!
凛は明里が乱れる姿を目の当たりにして
歪んだ愛情を吐露し、悪に染まってしまう。
一方、凛を助けたと思っていた明里は
陵辱調教に耐えながら凛による救出を信じていた。
そこに悪堕ちした相棒が現れ……。
レズ愛に狂った相棒による乳嬲りと触手ペニス陵辱が始まる!

 

「いい格好をしているな、明里」

目隠しされ、触手で両穴を犯されている相棒のもとに近づく凜。

「そ、その声・・・凜ちゃん!?」

明里は探し求めていた仲間の突然のかけ声に、驚いていくと

「また会えて嬉しいよ。怪人どもに快楽漬けにされて随分(ずいぶん)と嬉しそうじゃないか」

凜は吐き捨てるように皮肉をぶつけていき・・・

「なあ?どうしてだ・・・?自分だけ助かればいいと、そう考えていたのか?

私はこんなにも明里を想っていたというのに・・・。

どうして明里は快楽ごときに屈してしまったんだ!?」

絶望に満ちた表情で、裏切られた怒りと悲しみをあらわにしていきます。

「裏切りって・・・わけわかんないよ!私は凜ちゃんを裏切ってなんて・・・」

様子のおかしい凜に戸惑い、勘違いだと告げていく明里。

「フ~、ちょっと落ち着くだ。ちょっと落ち着くだ。最初はねっちりやるのがオレ流だな?」

そばで聞いていたオークは今にも襲い掛かろうとする凜の首輪を引っ張っていくと

明里の蒸れに蒸れたワキを堪能するように愛撫していき・・・

「ワキを舐めるって、どれだけ変態なのよ・・・っ。あっ♥あっ♥」

明里はオークを罵倒しながらも、快感に耐え切れず、あえぎ声を漏らしていきます。

「(私の明里・・・っ。キミは誰にも渡したくない・・・!

あんな化け物に渡すくらいなら・・・)」

嫉妬心を駆られ、狂愛感情に火をつけていく凜。

欲望のまま激しく明里の乳首に吸いついていくと

「あっ♥やぁっ♥あぁんっ♥凜ちゃんあんっ♥」

明里は仲間のレズ行為に背徳感を覚えながら、敏感に反応していき・・・

「乳首をこんなに勃起させて・・・相棒として嘆かわしい。

どうせキミは痛みさえも快楽に変わるマゾ豚なんだろう?」

凜は明里の勃起乳首にさらに興奮し、羞恥心をあおりながら甘噛み吸いしていきます。

「さあ、私自らがキミのマゾアナルを陵辱してやる♥」

「あ”っ♥んほっ♥はぁんっ♥」

ふたあんり触手チ〇ポを生やし、明里のアナルをガン突きして犯していく凜の狂愛ぶりは必見です!!

 

 

触手輪姦されている明里の前に現れる凜

ふたなり触手チ〇ポ 狂愛洗脳堕ち ヒロイン 仲間陵辱

オークに陵辱されている姿に嫉妬し、欲望のまま勃起乳首を舐め吸っていき・・・

ふたなり触手チ〇ポ 狂愛洗脳堕ち ヒロイン 仲間陵辱

ふたなり触手チ〇ポを生やし、アナルを犯していきます

ふたなり触手チ〇ポ 狂愛洗脳堕ち ヒロイン 仲間陵辱

狂愛感情をむき出しにしながらガン突きしていく凜

ふたなり触手チ〇ポ 狂愛洗脳堕ち ヒロイン 仲間陵辱

 

ダウンロードはコチラ

双光新星トゥインクルツインズ 第三話【単話】

お得版はコチラ
(他5作品が含まれています)

くっ殺ヒロインズ Vol.17

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP ↑