自身の監禁解放のため、性処理奉仕しながら徐々に従順になっていくエリート女捜査官・・・

公開日:  最終更新日:2020/06/05

エロマンガ 堕とされた銀河連邦捜査官 囚人慰安婦ヴァネッサ のご紹介です。

 

<内容>

手配人のガルド星人・ディーロを追い詰める銀河連邦捜査官・ヴァネッサ。
銀河特捜のスーツで圧倒し、今日も無事怪人を捕える。

本部に戻ったヴァネッサはさっそく次の任務を与えられる。
黒い噂が耐えない、巨悪犯罪者を収監している高重力惑星ムトで
査察にいった相棒のアイが逮捕されたらしい。
さっそく真相を確かめるべく、そしてアイの無事を願って惑星へと向かう。

ムトの長官はヴァネッサの尋問をはぐらかしていたが
アイの逮捕について聞かれると、あざ笑うように
違法薬物所持の疑いで収監され、囚人たちの性処理奴隷になっていることを告げる。

怒りに血が上り、長官を始末しようとするヴァネッサだったが
アイの首につけられた首輪爆弾の爆破で脅され、なすすべなく捕まってしまう。

アイと同じように、首輪爆弾の解除と解放に向けて、性処理奴隷に堕ちたヴァネッサは
醜悪な囚人たち、さらに自分が捕まえた怪人の下劣な欲望を強制され、奉仕していく・・・!

 

「フヒヒ、またムラッときちまった。ヌイてくれや」

ヴァネッサの常連客・巨漢で醜男の囚人番号024。

下品に笑いながら10円を放り投げ、奉仕を要求していくと

「くっ・・・風俗女扱いするな!こんなこと好きでしてるわけではないんだぞ!!」

全身精液まみれの捜査官制服姿で正座しているヴァネッサは

屈辱と悔しさに歯を食いしばりながら睨んでいき・・・

「学習しねえ女だな!教えた挨拶しろってんだ」

024はキレながらヴァネッサの頭を掴み、接客態度を改めるよう強要していきます。

「ぐ・・・ッ、ヴァネッサをお買いください、あ・・・りがとう、ございま・・・す。

わ、私のお・・・お・・・お口ま○こ・・・に・・・

くっさいザーメン、どぴゅどぴゅ・・・出して・・・スッキリしてくれ・・・ください」

顔を赤らめ、恥ずかしがりながら必死に奉仕淫語を述べていくヴァネッサ。

舌を出し、ノロノロと咥えようとしていくも

「よーしいいぞぉ。ならチンタラしないで。ぐーっといけ、ぐーっと!」

024はヴァネッサをモノのように容赦なく口の中へと巨根を押し込んでいき・・・

イラマチオしながらぎこちない口の使い方に文句言っていきます。

「おらもっと女の道具使えよ。こんなイイ物あンだから」

ヴァネッサの制服をはだけさせ、あらわになった爆乳乳首をつまんでいく024。

「触るのは別料金よ!」

ヴァネッサは無意識で風俗嬢のように別料金だと言い放ってしまい・・・

無理矢理胸の谷間に突っ込まれた肉棒をパイズリしながら激しくしゃぶってイカせていきます。

大量のザーメンを搾り取り、だらしない表情で

お掃除フェラしていくヴァネッサの姿は見ものです!!

 

 

アイの不当な痴態を見せつけられ、長官に怒り狂うも捕まってしまうヴァネッサ

エリート女捜査官 強制性処理囚人

性処理奴隷にさせられ、024に見下されながら奉仕を要求されていき・・・

エリート女捜査官 強制性処理囚人

無意識に別料金と言い放ち、怒りながら激しいパイズリフェラでイカせていきます

エリート女捜査官 強制性処理囚人 段階従順化

だらしない表情でお掃除フェラをしていくヴァネッサ

エリート女捜査官 強制性処理囚人 段階従順化

自ら捕えた怪人に性接待させられ、嫌がりながらも感じてしまいます

エリート女捜査官 強制性処理囚人 段階従順化

 

ダウンロードはコチラ
(小説が14作品、マンガが他7作品含まれています)

二次元ドリームマガジン Vol.108

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑