兄の催眠体液中毒に堕ちた妹女子校生が自らチ○ポを求めていく・・・

公開日:  最終更新日:2018/11/06

エロマンガ 催眠体液 〜巨乳JK生意気妹を、俺の精液で言いなり性奴隷に〜 のご紹介です。

 

<内容>

主人公の布野須 誘平(ふのす ゆうへい)は異常なほどの汗かきだった。
そして誘平にはマリカというドスケベボディの生意気なJK妹がいて
いつも誘平の事をキモイと言ってバカにしていた。
そんなある日、学校の体育の授業でヘロヘロになって汗まみれの誘平が
フラフラ歩いていると前からマリカと友達がやってくる。
フラフラの主人公は石につまずき思わずマリカと友達を押し倒してしまう。
誘平の汗がまりか達にべったりと付く。悪いと思った誘平が
汗まみれの汚いハンカチを使うよう渡すと顔を紅潮させながらなぜか素直に言う事を聞くマリカ。
しかし、すぐ正気に戻ったのか誘平にハンカチを返して怒りながら立ち去っていく。
そのマリカの行動である事に気づいた主人公はまりかを校舎裏に呼び出し、いきなり唇を奪い唾液を流し込む。
それから命令すると素直に言われた通りに動くマリカ。
そこで自分の汗や唾液はまりかに対してだけ効果のある
即効性の「催眠体液」であると確信した主人公は実の妹をレイプし、調教し始めるのだった・・・!

 

「・・・・・な・・・なんで・・・こんな・・・いやあぁあ!!」

体育倉庫に拘束された自分に気づき、驚き叫ぶマリカ。

兄に犯されて必死に嫌がるも、ズボズボと突かれて中出しされていくと

「っは、マリカ・・・これからはオレの・・・性奴隷だからな」

「・・・はひ・・・。私は・・・誘平兄ィの・・・性奴隷です・・・・・♥」

完全に誘平の体液中毒になっていき・・・

あれほど嫌がっていた兄を自ら求めるようになり

言われるがままヂュポヂュポとフェラ奉仕していきます。

「言われた通りにしてきたか?」 「はい・・・・・・」

制服をはだけさせ、スカートをめくって下着をつけていないことをアピールしていくマリカ。

乳首を舐められ、たまらず自分のオマ○コをいじっていくと

「誘平兄ィの・・・デカチ○ポ・・・・・。ズッボズッボ・・・入れて・・・ください♥」

オマ○コを広げながら必死に挿入をおねだりしていき・・・

ディープキスしながら座位で腰を動かしていくマリカの姿は見ものです!!

 

 

誘平に無理やりディープキスされ、催眠にかかっていくマリカ

催眠体液 奴隷化 妹 女子校生

体液を求め、チ○ポを貪っていき・・・

催眠体液 奴隷化 妹 女子校生

座位セックスで淫らに腰を動かしていきます

催眠体液 奴隷化 妹 女子校生

 

ダウンロードはコチラ

https://book.dmm.co.jp/detail/b443agogp00356/yurikichi-004

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑